トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2021-03-07

耳穴補聴器もカラーを選ぶ時代!

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪
マスクが当たり前の時代になって大変ですが今の時期、私にとっては花粉症がひどいので大変助かっています。
皆様、お元気ですか。

さて今回は耳穴補聴器もカラフルになり、色を選ぶ時代になりました。
色の種類はメーカーによって違いはありますが結構楽しいものです。
お客様にも「えっ、色?」と驚かれますが見えているところは目立たないようになっていますし、説明すると皆様結構楽しそうに選ばれています。
ちなみに、スターキー補聴器はスケルトンレッド、スケルトンブルー、クリア、ベージュ、ブラックの5色
フォナック補聴器はスケルトンレッド、スケルトンブルー、クリア、ベージュ、ホワイト、ブラックの6色



そしてなんとシグニア補聴器はスケルトンレッド、スケルトンブルー、パープル、ベージュ、ゴールド、グリーン、マゼンダ、ブラックの8色!

元々は左右の補聴器の識別のために右は赤、左は青と色分けしたことが始まりです。
只今、補聴器相談会を行っています。ご予約の上、お越しいただければと思います。
フェイスプレート(見えるところ)のカラーもメーカーによって選べますので耳穴補聴器を作るときには是非ご相談ください。

アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-03-07



[追浜店] 2021-03-03

Onimeganeフェア第二弾!

こんにちは!南條です!
気温も不安定で、季節の変り目という感じですね♪
春もすぐそこです❁


Onimeganeとは、メガネの名産地の福井県鯖江市で作られている、「最高のふつう」をコンセプトにしたブランドのメガネフレームでございます!
鯖江市の職人さんが一つ一つ手作りしていて、細部まで拘った完全日本製なのです!

見た目はとてもシンプルですが上質で、私にメガネは似合わない…。メガネはカッコ悪い…。と思っている方にこそ!!めがねの入門としてぜひお試しいただきたいフレームとなっております!



Onimeganeはめがねの持つ「かわいさ」も大切にしているブランド♪
写真を撮るのが楽しくて仕方がなかったのを覚えています(^^♪


ちなみに、「Onimegane」の由来は「鬼気迫る、ものづくり」。
「ものづくり」に真剣な想いをこ込め、地上産業の危機的状況に立ち向かう意志の現れという意味だそうです。かっこいいですね…!!!



第二弾のOnimeganeフェアは3月10日(水)~21日(日)の期間限定となっております!
素敵で「最高のふつう」のフレームと出会えるかも知れません♪
このチャンスにぜひお店に足を運んでみてください!


追浜店 [ 店舗イベント ] 2021-03-03



[追浜店] 2021-02-28

至高の見え方

こんばんは!
本日はめがねフレームではなくレンズのお話・・・

題名にも上げました通り至高の見え方のレンズ
「インディビジュアルレンズ」のご紹介です。

インディビジュアルとは、英訳で「個々の、各個の、一個人の」などの意味を指します。

眼科さんやわれわれが処方する度数は各個人お客様に合わせてオーダーメイドで処方いたします。
そこにお客様がお選びになったフレーム形状を取り込み、一枚いちまい個別に最適設計。さらにお客様の目とレンズの位置関係までも取り込み、設計に反映させるオーダーメイドレンズのことを指します。



フィッティング前と後では正しい目の位置が違いますよね。
めがねを作るうえでの重要なファクターです。
さらにそこに3次元の補正を加えます。




人間の顔は左右対称ではありません、耳の位置が高さが違ったり奥行きが違ったり顔の半分が張っていたりなど・・・お客様がお選びいただいたフレームに合わせて補正をかけさせていただきます。

そうすることでより快適な視生活を送っていただけます。

今までのレンズだとなんだか歪みを感じたり疲れてしまったりする・・
お客様のお悩みの解消にぜひいかがでしょうか??


追浜店 [ おすすめ! / 加工・測定・フィッティング ] 2021-02-28



[逗子店] 2021-02-28

日本的モダン

こんにちは!
なんだか最近はめっきり寒いですね・・・
つい一週間前ぐらいは「このまま春が来るのでは!!」と思ってしまうようなお天気模様だった気がするのですが・・・

今回はまたまたジャポニスムのフレームをご紹介します!

海外ブランドのフレームと、日本のブランドのフレームだとやっぱりMade in Franceや、Made in Italyがついている前者のブランドの方がオシャレだと思う人って多いのではないでしょうか。
実は私もその一人でした。

ただ、メガネ屋さんになってみて確かに海外のメガネもおしゃれだけど日本も負けてないじゃんと思うようになりました。

その筆頭が男性向けのフレームが多くあるジャポニスムです。
造形美や質感の良さは、他を圧倒していると思います。
女性向けであればAKITTOやVioRouのフレームはちょー可愛いと思います。

そんなわけで
ジャポニスムのフレームの造形美の良さを知ってただく為にお店にあるフレームの中から二本だけご紹介致します。

まずはこちら


良く見ると



レンズの下にはフレームがありますが、上部はナイロールになっています!!

そしてこちらも下はフレームで囲われていて、上部がナイロールのタイプです。
JP-024-col2-56


オリジナルのラダーヒンジは10万回開閉しても大丈夫!




今回のフレームはどちらも約5万円弱と少し他のフレームに比べるとお値段が張りますが、お値段以上の満足感を得られるはずです!掛け心地などでも選んでいただく事が多いフレームですのでお近くにお越しの際は是非お試しください!



逗子店 [ おすすめ! ] 2021-02-28



[衣笠店] 2021-02-28

その除菌方法、メガネを傷めているかも?!

こんにちは!

もうすぐ3月、春ですね♪

さてさて、最近、お客様との会話の中で、少し気になることが…

最近は、コロナ対策としてメガネも除菌してくださる方が増えているようなのですが、
中には、手肌用など、メガネ用以外の除菌製品でメガネを拭いている、という話もチラホラ耳にします。

メガネを除菌すること自体は良いことなのですが…そのやり方、もしかするとメガネを傷めているかもしれません。


実は、メガネのレンズやフレームは、酸性やアルカリ性の薬品に弱く、
そういった成分のもので拭いてしまうと、表面のコーティングが傷んでしまうのです。
石鹸やシャンプーなども、それで洗うとメガネを傷める原因に…。

「レンズが白っぽくなっちゃって、拭いても取れないの」という場合、
汚れではなく、コーティング剝れであるケースが多いです。

また、熱にも弱いので、消毒のためにお湯をかけてしまったりすると、
レンズ表面に「クラック」というひび割れやモヤのようなものができてしまいます。

じゃあ、どうすればいいの?…というと。

まず、基本は水洗い。流水で汚れを落とします。(お湯・ぬるま湯はNG)

そして、さらに除菌をしたいときは、「メガネ用」の除菌クリーナーを使用してください。
これらの商品は、メガネを洗っても安心な「中性」の成分になっています。

もし、メガネ用の除菌クリーナーがなければ、
「中性」と書かれてある食器用洗剤を使ってもOKです。

他にも、エタノールなどのアルコールは、メガネレンズを拭くために使うことがありますが、
フレームの素材や状態によっては白く変色してしまうこともあるので、使うときは注意が必要です。

メガネの除菌自体はとっても良いことなのですが、
一歩間違うとメガネを傷めてしまうので、
自分のやり方が当っているかどうか不安…という時は、ぜひお店でご相談ください♪




衣笠店 [ メンテナンス ] 2021-02-28



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE