トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 追浜店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2021-03-03

Onimeganeフェア第二弾!

こんにちは!南條です!
気温も不安定で、季節の変り目という感じですね♪
春もすぐそこです❁


Onimeganeとは、メガネの名産地の福井県鯖江市で作られている、「最高のふつう」をコンセプトにしたブランドのメガネフレームでございます!
鯖江市の職人さんが一つ一つ手作りしていて、細部まで拘った完全日本製なのです!

見た目はとてもシンプルですが上質で、私にメガネは似合わない…。メガネはカッコ悪い…。と思っている方にこそ!!めがねの入門としてぜひお試しいただきたいフレームとなっております!



Onimeganeはめがねの持つ「かわいさ」も大切にしているブランド♪
写真を撮るのが楽しくて仕方がなかったのを覚えています(^^♪


ちなみに、「Onimegane」の由来は「鬼気迫る、ものづくり」。
「ものづくり」に真剣な想いをこ込め、地上産業の危機的状況に立ち向かう意志の現れという意味だそうです。かっこいいですね…!!!



第二弾のOnimeganeフェアは3月10日(水)~21日(日)の期間限定となっております!
素敵で「最高のふつう」のフレームと出会えるかも知れません♪
このチャンスにぜひお店に足を運んでみてください!


追浜店 [ 店舗イベント ] 2021-03-03



[追浜店] 2021-02-28

至高の見え方

こんばんは!
本日はめがねフレームではなくレンズのお話・・・

題名にも上げました通り至高の見え方のレンズ
「インディビジュアルレンズ」のご紹介です。

インディビジュアルとは、英訳で「個々の、各個の、一個人の」などの意味を指します。

眼科さんやわれわれが処方する度数は各個人お客様に合わせてオーダーメイドで処方いたします。
そこにお客様がお選びになったフレーム形状を取り込み、一枚いちまい個別に最適設計。さらにお客様の目とレンズの位置関係までも取り込み、設計に反映させるオーダーメイドレンズのことを指します。



フィッティング前と後では正しい目の位置が違いますよね。
めがねを作るうえでの重要なファクターです。
さらにそこに3次元の補正を加えます。




人間の顔は左右対称ではありません、耳の位置が高さが違ったり奥行きが違ったり顔の半分が張っていたりなど・・・お客様がお選びいただいたフレームに合わせて補正をかけさせていただきます。

そうすることでより快適な視生活を送っていただけます。

今までのレンズだとなんだか歪みを感じたり疲れてしまったりする・・
お客様のお悩みの解消にぜひいかがでしょうか??


追浜店 [ おすすめ! / 加工・測定・フィッティング ] 2021-02-28



[追浜店] 2021-02-27

こだわりの当店オリジナルメガネ!<金子眼鏡コラボレーション>

こんにちは!
横須賀はまだまだ寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
花粉も飛び始めてますので、恐る恐る外に出ている かとう です。

今日は、昨年リリースした当店オリジナルブランド「GLASSTORY IKARA」(グラストリーイカラ)
をあらためてご紹介します。


当店が、福井の老舗メーカーである【金子眼鏡】監修のもと作り上げたオリジナブランド【GLASSTORY IKARA(グラストリーイカラ)】。

お客様と眼鏡の物語(GLASSTORY=GLASS+STORY)を1ページ、1ページ、一から(I=いち)作っていきたい、そんな思いを込めて、めがねの荒木が満を持して2014年に吉祥寺にオープンさせたセレクトアイウェアショプ “GLASSTORY IKARA”。


そんな同店のコンセプトを形にしたのが、店名を冠したブランド’“GLASSTORY IKARA”です。

物語を紡いでいける鯖江の職人のこだわりの1本を作りたい、そんな思いをようやく実現させた、物語の1ページ目を飾るファーストコレクション“Ena” (ギリシャ語で“1”の意味)

まずこだわったのは。8㎜もの分厚いセルロイドの生地。
セルロイドこそ、機械ではできない職人ならではの素材と考え、そのなかでもセルロイドに精通した職人でなければ使用することが難しい、8㎜もの分厚いセルロイド生地を選択。

次にこだわったのが、フロントの鋲。分厚いセルロイド生地を使用したからこそ、通常の眼鏡ではできない、手間のかかる3ピンカシメをセレクト。こちらはフロント6か所、テンプル4か所、計10か所の穴あけとピンカシメを行う非常に高度な技術と手間が必要な留め方である。50年以上も使い続ける機械と、このモデルのために特殊な工具を造る、新旧の技術を織り交ぜた特別なモデルになりました。

印象的な眼鏡になるからこそセルロイドの素材感、そしてトレンド感をミックスしたカラー展開を考え様々あるセルロイドの生地からセレクトしたのは5カラー。
分厚い生地だからこそ、色味が違うことで雰囲気が全く異なるので、かけ比べて違いを味わってほしいと思います。






次回は、各カラーの特徴などもご紹介したいと思います。
ぜひ楽しみにお待ちください!

また、こちらのフレームを取り扱うオンラインショップをOPENしました!
よろしければこちらもご覧ください。


イカラ オンラインストア https://ikara-online.stores.jp/


追浜店 [ おすすめ! / 新商品! ] 2021-02-27



[追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz] 2021-02-26

PBUV~目の健康対策に‼ 

こんにちは!
 
 
最近またブルーライトカットメガネに関するお問い合わせが増えてきているのを
実感している 正野崎です。
 
少し前に登場し、すでに多くの方にご支持をいただいているコーティングではありますが、
今日はNIKONレンズのブルーライトカットコート 『PBUV』ピュアブルーUVのご紹介!

なぜかというと、
お問い合わせが増えているのも理由ですが、
NIKONレンズさんがとても分かりやすく効果を見せてくれる道具を
くださったので!(そっちの方が大きい理由かも…)
さっそく見てください!
 
まずは、




下からブルーライトが照射されています!
一面真っ青!綺麗だけど!!
 
そして、真ん中に1枚レンズを差し込みます。



おほほ!

右半分は青くないのが分かると思います。
 
これ、左半分はブルーライトカットが施されていないレンズ。
右半分にPBUVが施されているレンズなんです。
 
右側青くなーーい!
 
効果、実力分かりやすくないですか??(*´▽`*)??
 
約80%のブルーライトをカットしてくれるこのPBUV。
もう一つ、今までのブルーライトカットと異なる点が。



この写真では、左側がPBUVで、右側はこれまでの80%ブルーライトカットコート『HEV』です。
 
違い、分かりますか??
そう、HEVコートは少し色がついている感じ。
PVUVは、今までのコートに比べ、よりクリアなんです!クリアなだけに! 
 
今まで、ブルーライトカットを付けると少し暗く感じてしまう、という声がありましたが、
その難点を見事にクリアしてくれました!
 
より自然に、より目に優しく。
 
度無しでも、度付きでも対応できますので、
ブルーライトが気になる方にはオススメです!!
 


追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz [ おすすめ! ] 2021-02-26



[追浜店] 2021-02-21

奇跡の掛心地のご紹介

こんばんは、追浜店寒河江です。
今日はぽかぽか陽気に恵まれて過ごしやすい1日でしたね。

本日はメンズフレームのご紹介です。
遠近世代にお勧めの1本、「奇跡の掛心地」と称されるLine Artのご紹介です!


Line Artコレクションバリトンより XL-1833-BR-55

バリトンとは、テノールとバスの中間に位置し、テノールの伸びやかさとバスの重厚さを持ちわせた、男声でもっとも美しいといわれる声域を表します。


ウェリントンタイプのフレームが男性のお客様のお顔にマッチいたします!!
フロントカラーはブラウンササとクリア系ライトブラウンのツートンカラーとなっております。

男性的で落ち着きがあり誠実でドレッシー、またエレガントで上質な印象をもたらす、フォーマルにお薦めのコレクションです。


追浜店 [ おすすめ! / フレーム ] 2021-02-21



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE