トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2021-05-11

聴力の失われた期間

こんにちは!
逗子店スタッフの大浦です。

日中は随分と汗ばむ陽気の日も多くなってきました。

毎度言っていることですが、体調管理をしっかりしていきましょう。







さて、本日は「聴力の失われた期間」についてのお話。

これは初めて補聴器を試聴して頂くお客様に多いのですが、

「まず70%くらいの音から始めていきます」というようにお伝えしています。

いきなり100%の音は出さないんですね。

なぜなら、いきなり100%の音を出すと、うるさくて使えないという方が多くいるからです。

それはなぜ?というのが今日の本題。

まさに「聴力の失われた期間」に関係しています。






突発性難聴の方を除き、多くの難聴の方は、昨日、今日、もしくは数週間、数か月の間に

聞こえが悪くなった、という方はあまりおりません。

ある程度の長い時間の中で、ゆっくりと、聞こえが失われていった方が殆どです。

音というのは耳で捉え、脳で感知するものです。




難聴者の方というのは、長い年月、普通の人よりも

「静かに聞こえる音の中で過ごしてきた方」ともいえるのです。

そのため、静かな音に慣れてしまった脳を、

いきなり100%に戻すことで、大きな拒否反応を示す方が多くいるのです。



もちろん中には100%の音をいきなり入れても大丈夫な方もいますが、

多くはこまめな調整を重ねていき、ゆっくりと時間をかけて、100%の音に近づけていく行程が必要です。


当店では貸出期間も設けていますが、上記のようなことから、

いきなり困っている状況をすべて解決できるわけではありません。

どちらかというと貸出期間中は、補聴器が現在の生活の中で使えるか、

という部分を確認して頂く、という意味合いが強くなります。


聴力の失われた期間を取り戻す作業を我々が少しでもお手伝いできれば幸いです。

ご不明点等はお気軽にご相談ください。









逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-05-11



[逗子店] 2021-05-07

「ジャポニスム」よりスタイリッシュな跳ね上げメガネ入荷しました

こんにちは!
今日はなんだか落ち着かない空模様ですね。
雨が降るような、降らないようななんとも言えない天気。
念のため、傘を持って出かけましょうね!

さて、本日は先日入荷しました「JAPONISM(ジャポニスム)」より極めつけの一本をご紹介。

今回お話しするモデルはこちらです↓
「JAPONISM JS-148 Col.01 50□22-142」 ¥40,700-(税込) 






一見するととてもオシャレなフレームに見えます。ただ、こちらは一部のユーザーには嬉しい機能を持ち合わせていますが、、皆さんおわかりでしょうか?

それがどんな機能かというと…






ちょこん…

ズズズズズッ…!




ギュイーン…!!



「見たらわかる、便利なヤツ!」と、とある芸人さんも思わず声に出してしまいそうになる「跳ね上げ機能」です。

時々、近くを見る時にメガネを外して頭の上にのせたりされる方を見ますよね。どうしても頭の上に乗っけると幅が広がってしまったり、破損の原因となるのであまりオススメではありません。

そういった方には遠近両用レンズが理想的ですが、お仕事や環境次第でそれが難しい場合もあります。そんな方にオススメしたいのがこういった跳ね上げフレームです。




細身のフレームなので野暮ったさもなく、すっきりしたフォルムがとても好印象。
少し明るいアンティークゴールドを使用しているので、重苦しい感じもなく若々しく見せてくれます。

今回の入荷したジャポニスムのフレームは近くを沢山見なければならないこれからの時代にぴったりのフレーム!ぜひ店頭でお試しください!


逗子店 [ フレーム ] 2021-05-07



[逗子店] 2021-05-05

日本メガネ大賞2021グランプリ「mamuse」入荷しました♪

こんにちは!
逗子店スタッフの山田です。
今日はGW最終日!
逗子は昨日までに比べると人通りも多くなく、少しゆったりした雰囲気です。
あと半日もありませんが、楽しく過ごしましょう(^^♪

今日は女性向けフレームのご紹介です。

こちらは先日入荷したエクセル眼鏡の「mamuse(マミューズ)」。
眼鏡産地・福井県鯖江市で50年にわたり眼鏡フレームの製造をしてきたエクセル眼鏡より、都会的センスを持った大人の女性のために作り出されたブランドです。




Model : m-8015
Size : 47□20-140
m-8015は【日本メガネ大賞2021】レディース部門グランプリを受賞!
女性の顔に馴染みやすいコンパクトなサイズ感。
メタルフレームの内側から
また、マット加工されたモダンの先には透明色の七宝が施されています。
じゅわっとにじむような色味がとても綺麗です。






Model : m-8012
Size : 47□19-136

m-8012は、ヨロイにあるピンクの七宝がポイントのメタルフレーム。
全体的にはシンプルなデザインですが、柔らかいピンクがアクセントになりつつ、お顔の印象を明るくしてくれます。
ちょこんとついているモダン先もかわいいですね♪

どちらのも肌に馴染みやすいカラーを使っており、様々なファッションにも合わせやすいフレームになっています。
ぜひ店頭でお試しください(^^♪



逗子店 [ おすすめ! / フレーム ] 2021-05-05



[逗子店] 2021-04-26

補聴器の歴史

こんにちはー!

本日の逗子は風が強いです。

都内では緊急事態宣言が再び発令され、身動きの取りにくい日々が続いています。

身体の健康、心の健康に留意して過ごしていきたいものです。



さて、本日は「補聴器の歴史」についてのお話しです。




補聴器には長い歴史があります。

そしてそこには、いつも2つの大きな流れがありました。

一つは「いかに大きな音を出すか」

そしてもう一つは「いかに目立たなくさせるか」というものでした。



最初の補聴器は角笛だったと考えられています。

中空になった動物の角を耳に当てると、

音が大きくなることに偶然気付いて使われたようです。

19世紀になり、素材は金属に変わりはしたものの、

その原理は変わりませんでした。

けれどもこの方法では、十分な音の大きさを得ることは出来ませんでした。





20世紀に入り電気によって音を大きくする技術が発明されたことで、補聴器は大きく変わりました。

従来の音を集める方法の物に比べて、はるかに大きな音を出せるようになったのです。

初期には真空管が使われていたため、相当な大きさの物となってしまいました。

その後、トランジスタや集積回路の発達に伴い、補聴器はどんどん小さくなり、

現在ではアーモンドほどの物もあります。



そして2000年ごろから、「デジタル化」がおこります。

コンピューター処理をすることで性能が画期的に向上しました。

かつてのようにうるさくて雑音ばかりではなくなってきているのです。

そして現在、「通信化」という新しい波がおこり、

補聴器がスマートフォンなどと連携することで、

音楽を聴く、映像や情報を音声として得る、といった

これまででは考えられなかった使い方が出来るようになってきています。

やむを得ずつけるものであった補聴器が、通信化により

「つけることでの楽しさを味わう」といった時代が来ているのです。


今後、10年、20年先の未来には補聴器は全く違ったものになっているのかもしれません。


大浦



逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-26



[逗子店] 2021-04-23

「疲れ眼」について

最近、「テレワークが多いせいで目が疲れてしまう」というお悩みの方増えているように感じます。長時間の近業(近くを見ること)は、ピントを合わせる筋肉を使い続けるので疲れ目などの原因の大きな要因になることも。


中にはパソコン作業を1日8時間以上やる方も多く、VDT症候群と言われる目の疲れや頭痛、肩こり、腰痛、血液循環機能低下による冷え性などを発症する方も多いようです。
(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略)

それを聞くと、眼精疲労対策グッズが人気な理由も分かるような気もしますね。

そうならないためにも1時間ごとに15分程度、席を外して近くを見ない時間を作ったり、目薬を点眼したりすることがとても大切になります。


それでも、いろいろ対策をしているのに目の疲れが取れないという方がいらっしゃいますが、それって実は「隠れ斜視」が原因かもしれません。

皆さんも「斜視(シャシ)」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

〇斜視(シャシ)とは…
通常、両眼の視線は同じ場所に向かってそろっています。斜視は、眼位(ガンイ)と言われる目の向きが左右でズレており、右眼と左眼の視線が違う場所に向かっている状態を表します。

外見上に視線のズレが見てとれることがほとんどで、「視界がダブって見える」といった症状をきたす場合があります。本人も自覚をしていることが多いです。



この斜視に対して、似たような症状はあれど表に出てこないものを「隠れ斜視(正式名称:斜位)」と言い、大抵の人はこのことに気づいていないことが多いです。

〇隠れ斜視とは…
正式な病名は斜位(シャイ)。眼位の異常はあるけど、ズレの程度が小さく、自身の目の筋肉で視線をカバーしてみることが出来るものを言います。
一見すると左右の視線は同じ場所に向かっているように見えるのですが、必要以上に視線を合わせる筋肉を使うことになるので、疲れやすいといった症状が出る事があります。

疲れやすい、夕方になるとダブって見えるといった症状があれば、疑ってもみてもいいかもしれませんね。

でも、眼位の異常があるのが分かったからと言って改善できるのか不安ですよね。
斜視や斜位といった眼位の異常が見つかった場合には、手術などによる「外科的治療」という方法もありますが、程度が軽いものついては「プリズムレンズ」と言われる視線補正の効果を持つメガネを装用することで、ダブりや目の疲れを軽減させることが出来ます。

実際にテストレンズで症状が軽減するかどうかを体験していただくことも可能です。



最後に補足にはなりますが、ダブって見えるという症状には原因がいくつかあります。その中でも良く聞くのが「乱視」です。

右眼と左眼で視線がズレて“両目で見た時にダブって見えてしまう「斜視・斜位」”に対して、一つの眼の中にピントが2つあることで、“片目でみたときにダブって見えてしまう「乱視」“、どちらも物が二重に見えてしまうといった症状があらわれる事があります。

乱視が原因なのか、それとも隠れ斜視が原因なのか、それともほかに原因があるのかなどは実際に検査をしてみないと分からないこともありますので、お近くの眼科もしくは眼鏡店へご相談ください。

当店でも眼位検査は行っておりますので、肩こりや頭痛、疲れ目がひどいといった方はチェックだけでも構いませんので、ぜひお立ち寄りください。


逗子店 [ LENS / コラム / 加工・測定・フィッティング ] 2021-04-23



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE