トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2021-01-29

大人なあなたにかけてもらいたい!ラウンドフレーム

こんにちは!逗子店スタッフの山田です。

今日の逗子は久しぶりの晴れ。
まだまだ寒い日が続きますが、お身体にはお気を付けてお過ごしください!

さて、今日のブログは前回に引き続き、
眼鏡の産地・福井県のブランド「杉本圭」のフレームをご紹介いたします。


杉本圭 KS-140
¥41,800(税込)

KS-110は杉本圭のベーシックラインとして、シンプルで掛け心地の良さを追求した
普遍的なデザインのシリーズです。

柔らかい雰囲気をもったラウンド系のシェイプですが、細部のパーツやカラーリングが高級感を感じさせるフレームです。


リム正面は七宝を使用したカラーリングとなっており、テンプルのカラーとリンクしています。

メタル部分はマットな仕上がりに。

color.4 アンティークシルバー/ダークブルー
color.6 マットゴールド/ブラック

こちらの2色を在庫しております!

女性にも男性にも掛けていただけるこちらのメガネフレーム。
ぜひ手に取ってお試しくださいませ!


逗子店 [ フレーム ] 2021-01-29



[逗子店] 2021-01-26

補聴器が原因の病気

こんにちはー!

本日は補聴器をつけながら、耳を大切にするための大切なお知らせです。





補聴器をつけていると、耳の穴の中に失神や外耳道炎を起こすことがあります。

補聴器を何度も出し入れしたり、つい気になって触ることで耳の皮膚に微細な傷が付き、

皮膚の防御機能が弱まることがあります。


そこに細菌の感染が起きると、耳が痒くなる、耳が臭う、耳だれが出る、

更にひどくなると耳が痛くなるなどの現象が生じます。


予防の方法としては、補聴器を付け外しするとき以外は、

むやみに耳を触ったり、かいたりしない、

補聴器の表面を乾いた布で拭く、

耳栓を掃除したり取り換えたりして、耳と補聴器を常に清潔に保つことが必要です。


もし耳がかゆい、耳垂れが出るといった場合には、

早めに耳鼻咽喉科にかかり治療を受ける必要があります。

医師の診断によっては治療の間、補聴器の使用を控えなくてはならないこともあります。




また、耳穴型補聴器やイヤモールドが耳の形に合っていないと、

耳が痛くなってくる場合もあります。

そのまま使い続けるとやはり耳の皮膚が傷つき、

ただれてしまうこともあります。

その場合は補聴器のシェルやイヤモールドを削ったり厚みを持たせたりして、

形を整える必要があります。


補聴器は靴のように使っていると馴染んでくるというものでもないので、

調整で良くならない場合はもう一度耳型を取って作り直す必要もあるのです。



また耳掃除のしすぎも厳禁です。

耳の皮膚は強くこするだけで裂けてしまうとてもデリケートなものです。常に優しく扱うことが大事です。

また耳あかには耳を保護する作用もあります。

耳あかは皮膚の角質層がはがれ、耳垢線から出る分泌物などが固まり耳あかとなります。

耳の皮膚はゆっくりと外に移動して余分な耳あかは放っておいても自然に取れていくものです。

このことから米国の耳鼻咽喉科学会は耳掃除は原則行わず、

耳かきも綿棒も使わず乾いた布で耳の入り口付近を拭くだけで十分とする勧告を出しました。


実際に耳掃除のしすぎで外耳道炎を起こして、

治療に苦慮することも多くあるそうです。

耳掃除はせいぜい月に一度程度に留めておくべきだと思います。



補聴器を使っていると多少なりとも耳に負担がかかります。

気になることや気になる症状があれば、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。


逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-01-26



[逗子店] 2021-01-24

ステイホームに最適!超軽量フレーム!

こんにちは!
昨日今日と生憎の雨+寒さですが、乾燥しすぎていた気もするので良かったのかも・・・?と思う事でどうにか憂鬱な曇天模様の日々を過ごしています笑

さて今回はシルエットという1964年にオーストリアで創業した会社のフレームをご紹介します。


ぱっと見は普通のデザインのフレームなのですが、他のメガネとは全く違う点があることに気が付きますでしょうか?

そう!ネジが無いんです!!



普通なら丁番のところやクリングスという鼻の部分にでさえネジが使われていません!

華美なデザインや、凝った細工がしてあるわけではないこのフレームは一見すると工業的(インダストリアル)な感じですが、チタン製の細い針金を巧みに操りネジを全く使用しない造りは、木だけで建築をする『木組み』のような職人技を感じます。


掛け心地はとても軽くて本当に掛けている感じが全くしません。
よく軽い掛け心地ですねと言われるラインアート系よりも軽いです。

総評としては、デザイン的にはそこまで面白くて目を惹くデザインというわけではないので、外で掛けるには少しつまらないかもしれません。ですがお家の中でゆったりとするときに掛けるにはすごく適したフレームだと思います。

ステイホームがまだまだ続くであろうこの時期にぴったりのフレームですので是非お試しくださいね!



逗子店 [ フレーム ] 2021-01-24



[逗子店] 2021-01-23

オシャレの秘訣はちょっとした個性!?

こんにちは!今日はあいにくの雨模様。
なんだかここまでしっかりした雨は久しぶりのような気がします。

横浜の方では雪予報が出てるみたいで、急に冬が戻ってきて身体がびっくりしちゃいますね。夜はもっと冷え込むみたいなので風邪引かないよう、みなさんお気を付けくださいね。


さて、最近多くの芸能人の方が個性的なメガネを掛けているのを目にしますが、さすが芸能人だけあって見事に掛けこなしていますよね。
(時には「うーん…」という方もいますが…。笑)

そんなメガネを掛けこなしている芸能人の姿を見て、「私には似合わないだろうなぁ」なんて思っている視聴者の方も多いのではないでしょうか。でもそれって実は、“普段とは違う自分を見慣れていない”ことが原因なのではないかなぁと私は思います。

というのもメガネ店スタッフとして働いていると、ご本人様が似合わないと思っているデザインのメガネでも、スタッフやお連れ様視点から見ると結構似合っていることが多々あるからです。

似合う似合わないというよりも、“今と違う自分に見慣れるかどうか“ということがメガネを掛けこなす秘訣なのではないでしょうか。

もっともその先に似合うメガネと似合わないメガネというのがありますが、まずは今と違う自分を受け入れることがメガネを楽しむうえで大切なのだと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はちょっとだけ個性的なフレームをご紹介致します。
「Persol(ペルソール) 2472V」




ちょっとだけ個性があふれるデザインが特徴のこちらのフレーム。
フロントはヘキサゴン型(六角形)のメタルとアセテートを組み合わせたウィンザーリムタイプとなっており、他では味わえない個性がじんわりと溢れ出ているがお分かりいただけますでしょうか?

これを掛けこなせたらオシャレ上級者間違いなし!だと私は勝手に思っています!笑


そして、こちらのフレームの特徴はそれだけではありません。見た目では分かりませんが掛け心地も抜群なのです。
丁番には伸縮性のあるバネ丁番を使用しているので、適度な圧力でお顔を包み込んでくれます。
優しくソフトにってやつです。

現在、店頭に並んでいるのは、ブルー(1095)とクリアグレー(1101)の2色



Persol 2472V Col.1095 ¥31,900

メタル部分にゴールドを使用し、そこにブルーの生地を重ねることでなんとも深みのある印象にまとまっています。少しクラシカルな雰囲気も味わえる、そんなデザインとなっています。




Persol 2472V Col.1101 ¥31,900

先程のカラーとは対照的に、シルバーとライトグレーの組み合わせでライトな印象に仕上げたものがこちらになります。男性だけでなく、女性が掛けてもちょっと個性的で可愛らしく掛けられるようなデザインです。




さて、今回はの2つのカラーを紹介致しましたが、ブルーとライトグレーどちらがお好みだったでしょうか?男性だけでなく、女性も掛けられるくらいのサイズ感となっていますので、ぜひ男性女性関係なくお試し頂けたらと思います!

皆さんもぜひいろいろなメガネを掛けて、いつもとは違う自分を発見してみてくださいね!
それではみなさん、お店でお会いしましょう!!


逗子店 [ おすすめ! / フレーム ] 2021-01-23



[逗子店] 2021-01-15

ウィンザーリム×クラウンパント「杉本圭」

こんにちは!

逗子店スタッフの山田です。
数日前の寒さもやわらぎ、少しずつ過ごしやすい気温になってきましたね。
暖かくなるのは嬉しいですが、冬が終わるのもなんだか寂しいような…複雑な気持ちです(笑)

さて本日は、日本が世界に誇る眼鏡の産地・福井県で、
デザインを手掛けているブランド「杉本圭」より新作フレームをご紹介いたします。


杉本圭 KS-140
¥52,800(税込)

クラシックな雰囲気もありながら、クラウンパントのフロントシェイプが表情にアクセントを与えてくれます。

そして一番の特徴はフロント部分のウィンザーリム。
ウィンザーリムとは、細身のアセテートをメタルリムの内側に組み込んだもので、
メタル部分の色味を活かしたカラーリングは、上から下にかけてグラデーションになっています。




メタルとアセテートの絶妙なバランスが、メタルフレームともプラスチックフレームとも違う
独特の雰囲気を楽しめるフレームになっています。

color.4 ブラック/レッド
color.5 マットゴールド/イエローデミ

こちらの2色を在庫しております!


ご興味を持っていただけた方はぜひ店頭でお試しになってみてください。
ご来店心よりお待ちしております!


逗子店 [ おすすめ! / フレーム ] 2021-01-15



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE