トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2020-02-22

耳の持つ機能「順応」って何?

こんにちは。

今日は逗子市役所前の神社で骨董市を開催しているようですね。
そこにはきっと掘り出し物が眠っていることでしょう。


さて、本日は耳の持つ機能「順応」についてお話いたします。
「順応」という言葉はいろいろな所で聞くことが多い言葉だと思います。


順応という言葉を辞書で引くと

①「環境や境遇の変化に従って性質や行動がそれに合うように変わること」
②「外界からの刺激に対して、感覚器官が慣れていくこと」

とあります。

今回お話しするのはどちらかというと②番の意味についてのお話になりますね。

順応について、分かりやすく「目」で例えて、お話をしていきたいと思います。

例えば、室内にいて外に出た時、
太陽の日差しでまぶしいなんてことありませんか。
その際に、視界全体が白っぽく見えてしまうこともあるかと思います。

人の目は暗いところから明るいところに行ったときに初めはまぶしくて真っ白に見えてしまいます。



※まぶしさを感じているときの視界


しかし、ずっとそのままかというと明るさに慣れてきて、だんだんとはっきり見えてくるようになるかと思います。


※まぶしさに慣れてきた時の視界


この明るさに慣れてくることを「明順応」というのですが、このようなことが耳でも起きています。




ではどんなことが起きているのか。




例えば人が多くいるところなどにいた時、初めは騒がしく感じますが、だんだんとうるささを感じなくなってきますよね。

これは脳により情報を取捨選択して、「これは問題のない音」と脳が捉えることで騒音をシャットアウトしているからと考えられています。


また、健聴者の中には騒音化でも家族や友人の話す声が聞こえるという方がいますが、これはその音を優先的に捉えようと脳が働くことで聞き取っているとされています。

意識をして聞くと聞こえるけど、意識をそらすと聞こえにくくなるというのに似ていますね。


この脳の機能にはもちろん個人差はあるのですが、中でも難聴者にはこの機能が弱くなっている方が多くいるのも事実です。


ですから、雑音の中で言葉が聞き取りにくい、大勢いる中だと会話がしにくいなどの症状が出てしますのです。

では、あきらめるしかないのかというと、そういうわけではありませんのでご安心を。


最近では脳の役割を代わりに補ってくれる補聴器も発売されているからです。
例えば、発話者の声の方向を補聴器が認識し、そちらの方向の音を多く入れる、つまり意識を向けるということを手助けしてくれる機能。
「ゴォー、ゴォー」といった風切り音や「ザワザワ」といった周囲の雑音を抑えてくれる機能など、完全ではありませんが聞こえを手助けしてくれる機能も充実してきています。

補聴器も日進月歩で、性能が良くなり聞き取りが楽になるものも出てきています。




以前はダメだったからとあきらめるのは簡単ですが、それではもったいなのではないでしょうか。
当店では試聴や相談、無料貸出も行っております。

今ある聞こえをより快適にし、これからをもっともっと楽しむために、あきらめずにまずはご相談ください。


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-22



[逗子店] 2020-02-13

難聴と日本語

こんにちはー!

新型コロナウィルスが全世界で脅威となっています。

乾燥の激しい今の季節は、手洗い、うがいでしっかりと予防しましょう。



さて、本日は「難聴と日本語」について



日本語は他の言語と比較して周波数帯の低い言語であると言われています。

耳の奥にある「蝸牛(かぎゅう)」と呼ばれる小さな器官の中に、耳に入ってきた音を感知する有毛細胞があります。

かたつむりの殻の形に似たこの細胞は、音の振動を、

高い音を感知する部分から、低い音を感知する部分へと伝えていきます。

つまり耳の構造上、入り口側にある高い音を感知する細胞は振動する回数が多くなり、

低い音を感知する細胞に比べると早く摩耗してしまいます。




そのため最も一般的な難聴の一つである感音性難聴になると、

一般的には高い音から聞こえにくいといった状況がうまれます。

感音性難聴は、加齢による有毛細胞の摩耗や聴神経の損傷などによって生じますが、

摩耗は個人差もありどの音が聞こえにくいかは一人ひとりで異なります。

感音性難聴は現在のところ根本的な治療法は存在しませんが、

難聴の度合いに応じて、補聴器または人工内耳によってかなり効果的に聞こえの問題に対処することができます。



• 「ふ」「し」「しゅ」といった音
• 「さ」「し」「た」「ち」などの子音
• 「ぱ」「た」「ば」「だ」「が」などの子音


このような比較的高い周波数帯の子音はエネルギーが小さいので、

「あ」「お」「う」のようなエネルギーの大きい低い周波数帯の母音によってかき消されます。

そのため高い音の聞こえが悪くなると、一部の単語を理解するのが難しくなります。


かながわのさとうさんは、しちねんまえ、バイクをかった



このような言葉は、高い周波数の「が」「さ」「し」「バ」が聞きづらくなるため



かな●わの●とうさんは、●ちねんまえ、●イクをかった


という風に聞こえます。騒音の多い場所ではさらに、聞き間違いが起こりやすくなる可能性が高まります。
(※●は不明瞭に聞こえる部分)


人の聞こえは、記憶や習慣とも密接に関係しており、

家族や友人の声など、比較的馴染みのある声はより聞きやすいとされます。

近年の研究では成人だけでなくよく知っている人の声を聞くことは、

学齢期の子どもたちの話しことばの言語処理能力を向上させるもとされ、

子供たちもまた話し手から得たことばの情報を蓄積し、

その後の聞き取りに活用していることが示唆されています。

補聴器は文字通り聞こえを補うものですが、

音の聞こえ方は、たとえ同じ場所であっても一人ひとり異なるものです。

補聴器を使う際は、自分の聞こえ方にあった補聴器を見つけることが何よりも大切になってくるのです。



そのサポートの一端を、我々に任せていただければ非常に幸いです。

是非お気軽にご相談くださいね。



大浦



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-13



[追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz] 2020-02-13

補聴器の操作を簡単に!補聴器リモコンのご紹介☆

こんにちは!

最近4歳の娘が懐かしの『セーラームーン』に少しハマッていて、
ドンピシャな私もつい懐かしくて一緒に楽しんでいる 正野崎です。
ちなみに私はセーラーマーズ推し!実写だと、北川景子さんが担当されている子です(´▽`*)

さて、全然関係ない話をしてしまいましたが、、、
今日は補聴器のリモコンをご紹介!

補聴器の細かい音の調整は、お店に来ていただいて、
担当者が専用のソフトを使用して行いますが、、、
 
簡単な音の上げ下げや、プログラムの切り替えなどは、お使いいただいている
ご本人様でもできるんです。
補聴器についているボタンで操作する方法もありますが、
ただでさえ小さな補聴器についている小さなボタンを押すのは、
ちょっと大変。。



そこで、便利なのが補聴器用のリモコン。

ボリュームの上げ下げ、プログラムの切り替えボタンが
一目瞭然。

※鍵はついていません。

片方だけで補聴器を使用されている場合は、
本体で操作できるのはボリュームとプログラムの切り替えどちらかひとつ
になってしまうので、そんな場合もリモコンが便利です。
 
 
※すべての補聴器でリモコンが使えるわけではありませんので、
詳しくは店頭にてご相談下さい。


追浜店、衣笠店、逗子店、Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-02-13



[逗子店] 2020-01-25

補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと

こんにちはー。

寒い日が続きます。来週は関東も雪が舞うかもしれません。

皆様、体調管理には十分気を付けましょう。


さてさて、本日のタイトルは

「補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと」

何のことか

これは、補聴器の「慣らし期間」のお話しです。


実は私、「慣らしてください!慣らしてください!!」て連呼するのはあまり好きじゃないんです。

プロだったら、なるべく早く快適な聞こえ方を提供して然るべきだろ!

もともとはこういう考え方で、メガネにおいても同じ考え方だったんです。






でもでも、で、も、ね....

補聴器というものに携わるようになって気付いたんです。


これは慣らしていかなければダメだ、と。


何故か?

快適な聴こえのためには、補聴器からの“聴こえに合わせた適切な音量”が必要になります。

しかし補聴器が必要な方というのは、徐々に聞こえが低下して、

世の中の音が、小さく聞こえている感覚が普通になっている方とも言えます。

その方が、いきなり“適切な音量“を聞くと、慣れていないため急に騒がしくなったと感じてしまうのです。

今まで全く意識していなかった車の行き交う音、食器の当たる音、紙をめくる音、トイレの水を流す音など・・・

普段の生活音が、急に大きくなると非常にストレスです。

また、それを避けるために音量を抑えて設定すると、うるささは軽減できるのですが、

言葉の聴き取りが悪くなってしまいます。


多くの方が、補聴器を着けたその瞬間から、昔聞こえていた状態に戻るものと考えていたり、

期待されたりしているのが現状ですが、現実は、そう上手くはいかないのです。



ではどうすれば良いのか....

"慣れ”ていくしかありません。

それも「焦らずじっくり、ゆっくりと」慣れていく必要があるのです。


そしてそれは、ご購入されたお客様任せにせずに、

提供した我々が、お客様と一緒にしっかりと計画を立てて、

理想的な聞こえのためのゴールを設定して、ともに一歩一歩ゆっくりと

サポートしながらやっていかなければいけないと考えております。

その期間は早い方で1か月ほど、長い方だと半年以上かかる方まで様々です。

それをトレーニング形式で行っているのが、

「90日間の補聴器トレーニング」となります。




詳しくはこちら→ https://www.hochoki-araki.jp/aftercare/90days.html

  
  
  
  
  
当店では補聴器の無料貸し出しというのを行っております。

ご希望されたお客様には1週間ほど試聴機のお試しをして頂きますが、

ここで重要なのが、何の「お試し」なのか?ということです。

もちろん快適に聞こえるに越したことはありませんが、

上述したとおり、「慣れ」に掛かる期間が最低でも1か月ほど掛かるものなので、

貸出期間中に快適な聞こえを提供できるかは定かではありません。

貸出期間中に何を試すのか....




それは「補聴器が普段の生活の中に馴染めるか」ということです。

着け外しはもちろん、

いままで無かった機械とともに過ごす生活が、今までと同じように送れるものなのか、

という部分について試して頂きたいのです。

もちろん、不安はあると思います。

ですが、その不安を取り除くことが、我々の真の役割だと思っております。


ご不明な点は、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。



大浦



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-25



[追浜店、衣笠店、逗子店] 2020-01-21

1/22(水) ☆臨時休業のお知らせ☆

いつもこちらのブログ並びに、めがねの荒木のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

1/22(水)は、
めがねの荒木 追浜店  衣笠店  逗子店
の3店舗において、社員研修の為、臨時休業とさせていただきます。

お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

1/23(木)~ は通常営業となります。



追浜店、衣笠店、逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-21



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE