トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (めがねの荒木 逗子店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2021-01-13

「聞こえる」とは...

こんにちはー!

寒さも厳しさを増して体調管理も難しくなってきています。

免疫力を高めて健康な毎日を過ごしていきましょう。


さて、本日は原点に立ち返ったお話です。







改めて「聞こえる」というのはどういうことなのか考えてみると、

いくつかの要因をあげなくてはいけません。


音は人間が感じ取るものであり、それが音というものの本質を複雑なものにしているとも言えます。

私たちが「聞こえた」と感じているものと、実際の現象はまったく違っていることもあるからです。

物理現象としての音を、私たちが音として聞くまでの3つの段階について考えてみます。


①物理的レベルでの認識
音そのものは空気の振動であり、物理現象として計測可能なものです。

これは物理現象ですから、騒音計などで測定することができるものであり、

Hz(ヘルツ)という周波数の単位や、

dB(デシベル)という音圧レベルの単位で客観的に表現することができるものです。


②生理的レベルでの認識
空気の振動が私たちの耳に届き、鼓膜を振動させます。

この振動が、耳の複雑かつ巧みな構造によって神経信号に変換されます。

つまり、物理的な音を、脳で処理するための神経信号というフォーマットに変換する作業を、

耳という器官が担っているといえます。


③心理的レベルでの認識
神経信号として伝わってきた音を脳が認識します。

ここでは非常に高度で複雑な情報処理がおこなわれているものの、

未だその内容については解明されていない部分が多々あります。

いずれにしてもこの段階で初めて、単なる空気の振動だった音は、

意味のある音として認識されるのです。

普段私たちが何気なく「音が聞こえる」と感じたときも、

このような複雑なプロセスを経て音を認識しています。



私たちが音を聞いているときに、

いかに心理的レベルの認識が大きな要素を占めているかがわかる現象に、

「カクテルパーティー効果」と呼ばれるものがあります。

多くの人の声でざわめいている立食パーティーの会場で、

私たちは隣の人と普通に会話ができますし、

注意して耳をすませば、少し離れたところのヒソヒソ話まで聞くことができます。

これをカクテルパーティー効果といいます。


こういう状況をテープレコーダー等で録音して後で聞き返してみると、

ざわめきと騒音ばかりで、誰が何を話しているのかさっぱりわかりません。

実際には私たちの耳もテープレコーダーと同じように、

周りの人々の声やざわめきすべてを空気の振動として受け入れているはずです。

にもかかわらず、聞きたい音だけを選び取って聞くことができるのは、

「耳からの情報を脳が処理する際に特定の音源の音を選別処理をする能力」

によるものと考えられています。

つまり心理的レベルの認識による処理によって、聞きたい音を選び取っていると言えるのです。




近年、聴覚系の情報処理だけでなく、

他の感覚からの情報も統合的に脳が情報処理することにより、

カクテルパーティー効果がおこっていることも明らかになっています。


聞こえるというものは、おそらく多くの人によって自然な現象ですが、

実は複雑で不思議な様々な効果によって生まれているものなのです。



大浦





逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-01-13



[逗子店] 2020-12-23

聴覚過敏

こんにちはー

寒さも厳しくなってきました。

そして年末、、、
皆様、今年はどんな年だったでしょうか。




さて、本日は「聴覚過敏症」のお話。




聴覚過敏とは、大抵の人が十分我慢できる音を、苦痛を伴う異常な音として経験する現象です。
これは音を聞く脳の回路における活動性の鋭敏化が原因と考えられています。

この聴覚過敏は、補聴器を必要とする方でも一定数いらっしゃいます。

要は、補聴器で音を大きくしなければいけないのですが、
音を大きくすると身体が拒否反応を示す方です。



そのような場合は、初めから音を出さずに、まずは耳につけて慣れる事から始めます。

続いて、ごく短い時間だけ、音を出して使い始めます。

聞く音も快適なヒーリングミュージックなどから始めて、
少しずつ装用時間を長くしながら本来の音の大きさに近づけていきます。

聴覚過敏のある場合は、通常に比べ十分に時間をかけて補聴器に慣れていく必要があるのです。



逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2020-12-23



[逗子店] 2020-12-16

生活に潜む「難聴のサイン」

こんにちは。
最近は寒波の影響で朝夕だけでなく日中もだいぶ寒くなってきましたね。

「朝方フロントガラスに霜が張っていた」なんてお声もちらほら聞こえてきたりと、やっと冬を感じる事が出来たような気がします。

外出される際は寒さ対策を万全にして、体調に変化にはお気を付けくださいね。


さて、本日は生活に潜む「難聴のサイン」についてお話し致します。




当店では、補聴器のご購入を検討されているかただけでなく、補聴器をつけたほうが良いのか、本当に効果があるのかなど多くのお悩みを抱えたお客様がご来店されます。

そのなかで、「普通の会話は聞こえるけど…」と切り出される方が意外に多いのです。
そういったかたでも、補聴器を着けて効果を実感される方もいらっしゃいます。

ということで、今回は「普通の会話は聞こえるけど…」の後に、お客様からよく耳にする「聞こえにくさを感じるシーン」をいくつかご紹介致します。


お悩み①「テレビが聞こえにくい」

こちらのお客様は実際にテレビが聞こえにくくなってきていると自覚をされている方です。
特に騒がしい環境でなくても、お部屋が広かったり、テレビからの距離が遠い場合には聞こえづらさを感じることもあるようです。
原因は様々ですが、こちらのお客様の場合、テレビ通信式補聴器で“テレビの音を無線で直接補聴器に届ける機能”を有する機種を使用することでテレビの聞こえにくさを改善することが出来ました。


お悩み②「テレビの音量が大きいと家族に言われた」

先述のお客様とは異なり、テレビが聞こえにくいという自覚はないが、ご家族様から言われたから気になってご相談にいらした例です。
こちらも先述のテレビ通信式補聴器を使用することで、ご本人様とご家族様が同じ音量でテレビを楽しむこと出来たという事例です。
ご家族様とのテレビの音量が合わないという理由でお一人で見られている方も多いようですが、せっかくですからご家族様と一緒にテレビを楽しみたいですよね。


お悩み③「会議や集まりなどの複数人での会話で聞き返しが多くなった」

静かな場所や一対一での会話には不自由ないが、複数人での会話が聞こえにくいと感じている事例です。
聴力が低下してない“健聴者”でも、騒がしい環境や会話が重なりやすい状況では聞こえにくさを感じるものですが、その人の声だけを意識して聞こうとすれば、意外と聞こえるものです。
ただ、それには“その人の声のトーンや抑揚”などを聞き分ける力が必要になります。

しかし、年齢や外的要因により聞き取れる音域が狭くなったり、音量感が低下することで、声を聞き分ける力も弱くなり、結果として複数人での会話が聞こえにく感じてしまうようです。

こちらの事例ならば、補聴器を装用することで、聞こえにくい音域もしっかりカバーし、さらには音量感を増すことで、声のトーンや抑揚を感じやすくすることが出来る場合があります。また、雑音抑制機能や指向性(声のする方向の音をたくさん入れて聞こえやすくする機能)が付いたものを使用するとより聞こえの質の向上も期待できます。


他にも以下のようなお悩みでご相談される方がいらっしゃいましたので、簡単にご紹介。



ここからはお悩み番外編となります。

・電子レンジやリモコン、体温計などの「ピーピー」という音が聞こえないときがある。
・換気扇の音が聞こえないからつけているか分からないときがある
・インターフォンや電話の呼び出し音が聞こえないときがある。
・大きな音に敏感になった。他の人は驚かないような音でも驚いてしまう。

などなど普段の生活の中にも「難聴のサイン」が潜んでいます。
いち早く気づき、対処することがその後の聞こえを左右するきっかけにもなります。
少しでも「これってもしかして…難聴…?」と思ったら、お一人で悩まず、ぜひ耳鼻科や専門店へご相談ください。


逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2020-12-16



[逗子店] 2020-12-07

耳鳴りについて

こんにちは。

今年も残すところ、あとわずか、
暗いニュースも多かった1年ですが、明るく終われるようにしていきたいですね。


さて、本日は耳鳴りについてのお話。



耳鳴り自体は珍しい現象ではありません。

およそ人口の1割、高齢者では3割近くが耳鳴りを感じていると言われています。

普段、耳鳴りの無い人でも、無響室という音を完全に遮断した部屋に入ってしばらくすると、
大半の人で耳鳴りが聞こえてきます。

ですから耳鳴りがあるからと言ってそれだけで異常なわけではありません。

ただ、中には脳や頂神経に腫瘍ができているなど怖い病気の可能性もあります。
放置しておいて良い耳鳴りかどうかはご自身で判断せずに耳鼻科で診てもらう事がお勧めです。




耳鳴りは、その名前の通り耳で鳴っていると考えられてきましたが、
最近の研究では、その音は脳で作られていると考えられています。

耳鳴りの原因で一番多いのは、内耳の障害によるものです。

内耳はラジオのアンテナのようなものです。
脳がラジオ本体に当たると考えると、
アンテナが壊れる事により電波を受ける事が出来なくなります。
するとラジオからは放送ではなく、ザーザーという雑音が流れるようになってしまいます。

耳鳴りもこれと同じで、何らかの障害が原因で耳からの信号が少なくなると、
脳がそれに反応して音の感度を上げようとし、そのうちに耳鳴りの音を作りだしてしまうのです。

なので、悪くなっているのは確かに耳なのですが、
耳鳴り自体は、正常な脳の働きとして、耳の状態に反応して発生してくる、
というのが最近の考え方です。

もちろん、ラジオ本体の異常で雑音が発生するように、
脳自体に異常があっても耳鳴りは発生します。




耳鳴りの治療法はそれこそ無数と言ってよいほどありますが、
補聴器は耳鳴りを軽減して楽になる効果があると言われています。

もちろん専門機関の受診が大切ですが、
私たちでお役に立てる事であれば、どんなことでもご相談いただければと思います。


大浦



逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2020-12-07



[逗子店] 2020-11-12

補聴器の紛失を防ぐためには?

こんにちは!
逗子店スタッフの山田です。

いきなりですが、補聴器を使われている皆さんは、紛失の対策はされていますか?
一度は無くしたかとヒヤッとした経験をしたことがある方が多いかもしれません。


補聴器を紛失する原因の多くは、「どこに置いたか忘れて紛失」というのが一番多いようです。
また一日中使用している方よりも、付け外しの機会のある方のほうが紛失の傾向が高くなっています。

紛失を減らすためには、「補聴器管理を習慣づけること」が大事となってきます。
習慣というのは補聴器をどこにいれるのか、何にいれるのか、いつしまうのか…といったようなことを決めておくことです。

外出先であれば、ケースを持ち歩き、決まったポケットに入れる。
家の中であれば、保管ケースやドライケース、充電器などに入れる。

ケースを置く場所やしまうタイミングが決まっていることで、それが習慣となり
しまうケースや置く場所が決まっていることで、それが習慣となり、無くす危険も減らせます。



実はこれ、補聴器だけでなくメガネに関しても同じことが言えます。
「メガネを家でなくしちゃった」とご来店される方も少なくありません。
メガネもしまう場所やケース、外すタイミングを決めておけば、紛失を防げます。

今回は、どこに置いたかわからず紛失というケースのお話しでしたが、「気付いたら耳からポロッと取れていた」というケースで紛失される方もいらっしゃいます。
そういった不安のある方には、補聴器落下防止ストラップを使っていただくなどの対策がおすすめです。

紛失保証がつく補聴器もございますので、補聴器について不安な点がある方はお気軽にご相談ください。


逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2020-11-12



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE