トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[衣笠店] 2021-01-30

意外と困る白内障術後メガネのこと

こんにちは!

最近、衣笠店では、飛沫防止の目的も兼ねて、
目を風やほこりからガードする「メオガード セーフティー」を再入荷しました!


ちなみに、こちらはやわらかいフード付きで、ホコリなどから目を守ってくれ、UVカット機能付き。さらにレンズにほんのり色がついているので、目に入る光を和らげてくれる効果もあるため、白内障術後の保護メガネとしても人気の商品なのですが、白内障術後のメガネって、どうしたらよいかよくわからないな~という方も多いのではないでしょうか。

治療に関することなので、結局のところは「眼科医の先生の指示に従って下さい」ということにはなるのですが、本日は、白内障術後のお客様からよく受けるご相談について、少しお話ししたいと思います。

まずは、これから手術を受けるお客様や、手術直後のお客様から受けることが多いのが、「保護メガネ」のご相談。
術後は、風やホコリから目を保護するメガネが必要になったり、眩しさを防ぐサングラスが必要になったりします。

花粉防止グラスのようなフード付きのメガネをお求めになる方、就寝時も付けられるようなゴーグルタイプをお求めになる方、通常のサングラスや伊達メガネをお求めになる方など、使うタイミングや目的によって、お求めになる形状は様々ですが、当店では、どういった用途で使用したいのか、何か眼科医の先生から形状の指示は出ているか、眩しさはどのくらい感じるか…など、お客様のお話を伺いながら、お客様に合う保護メガネをご提案させていただいております。

基本的には、度付きのメガネは、目の状態が安定して、眼科医の先生から「メガネを作っても大丈夫」と判断を頂いてからお作り頂くようお願いをしており、その期間が早くても約1~2か月、もしくは3か月以上様子をみることが多いようです。

なので、術後しばらくは新しく度付きメガネを作るのをお薦めできないのですが、
そうはいっても、もちろん中には「運転ができないと困る!」とか、「手元の文字が読めないのは困る!」という方もいらっしゃいますよね。

読書用メガネに関しては、出来合いの老眼鏡やルーペで一時的に間に合わせるケースも多いですが、「メガネを作らないと生活に支障が出る」という場合は、眼科医の先生に相談をして、運転用メガネなどを緊急でお作りになる方もいらっしゃいます。その場合には、「度が変わるかもしれないので、保証がある眼鏡屋さんで作ってね」と眼科医の先生から言われるケースも多いようですが、当店は「6カ月の処方交換保証」がございますので、安心してお越しください。




さらに、目が安定した後のメガネですが、こちらは眼科医の先生の処方箋が出る場合と、「眼鏡店で目を測定してもらって作ってもらって下さい」という場合が両方あるようです。
いづれのケースも当店でご対応可能ですし、お客様のご希望やお困り事をお伺いしながら、お客様に合うメガネをご提案していきますので、白内障術後の眼鏡に困ったときは、ぜひお気軽にご相談くださいませ♪お待ちしております!


衣笠店 [ 加工・測定・フィッティング ] 2021-01-30



[衣笠店] 2021-01-30

認定店限定!超小型補聴器『Silk』

こんにちは!皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日は認定店でしか扱えない「良いとこ取り」な補聴器を
ご紹介します。
シグニア補聴器の「Silk NX」(シルクエヌエックス)です!


補聴器は小型の耳掛け式と耳穴式の2種類が主流となっていて、
中身の機械は同じ性能であっても
形状によって装着感や音質が変わって聞こえます。
例えばこちらの耳掛け式(RIC)タイプだと良い点(○)とイマイチな点(×)は・・・


○耳穴を塞がれている感覚がほとんどない、装着感が軽い
○装着した時に自分の声がこもりにくい、自然な音質
○小型で、装着していることをまず気づかれない
×慣れるまで装着しにくい
×メガネやマスクを外す時に、一緒に外れやすい
×汗にさらされることが多いので、防水性能があるものが望ましい など。


耳穴式補聴器だと
○耳型を取って作るのでぴったりハマる
○耳の中に収まるので汗による浸食の心配が少ない
○メガネやマスクをつけていても外れない
×装着時に自分の声がこもって聞こえる
×固く、耳を物理的に塞がれている感じが強い
×大きさによっては目立ちやすい  など。


Silkはこの2つのタイプの良いところを組み合わせて作られています。
実際につけてみた感じの良し悪しはこんな感じですね↓
○つけているのが分からない超小型補聴器
○自然な隙間があることで自分の声がこもりにくい
○柔らかい素材で装着感が軽い
○耳の穴に入れるので、マスクやメガネをしていても外れにくい
○耳の穴に入れるので汗による故障の心配が少ない
×難聴の程度が重い方には不適合
×小さすぎて失くすかも・・・?


Silkは超小型でありながら、性能は最新機種と同じです。
雑音が少なく、両耳に装着すれば電話の音声を両方の補聴器から
伝えることもできます(性能はクラスにより異なります)。
スマートフォン、リモコンで直感的な操作ができるので
扱いも楽ちん♪
めがねの荒木 衣笠店ではSilkの試聴機をご用意しております。
認定店のみで扱う補聴器になりますので、
一般のお店のカタログには掲載されていません!
ぜひお試しください。


衣笠店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-01-30



[逗子店] 2021-01-29

大人なあなたにかけてもらいたい!ラウンドフレーム

こんにちは!逗子店スタッフの山田です。

今日の逗子は久しぶりの晴れ。
まだまだ寒い日が続きますが、お身体にはお気を付けてお過ごしください!

さて、今日のブログは前回に引き続き、
眼鏡の産地・福井県のブランド「杉本圭」のフレームをご紹介いたします。


杉本圭 KS-140
¥41,800(税込)

KS-110は杉本圭のベーシックラインとして、シンプルで掛け心地の良さを追求した
普遍的なデザインのシリーズです。

柔らかい雰囲気をもったラウンド系のシェイプですが、細部のパーツやカラーリングが高級感を感じさせるフレームです。


リム正面は七宝を使用したカラーリングとなっており、テンプルのカラーとリンクしています。

メタル部分はマットな仕上がりに。

color.4 アンティークシルバー/ダークブルー
color.6 マットゴールド/ブラック

こちらの2色を在庫しております!

女性にも男性にも掛けていただけるこちらのメガネフレーム。
ぜひ手に取ってお試しくださいませ!


逗子店 [ フレーム ] 2021-01-29



[衣笠店] 2021-01-26

冬の補聴器のお手入れに注意!

いよいよ今年も残すところあと数日。
衣笠商店街も年末の活気に溢れています。
みなさん年越しの準備はいかがでしょうか?


さて、今日は冬に気をつけていただきたい
補聴器のお手入れの注意点をご紹介します。

冬になると、窓やサッシの周りに気づいたら大量に結露ができていますよね。
眼鏡をかけている方は、外から暖かな室内に戻った瞬間
メガネのレンズが曇る経験があると思います
(今年はマスクがあるせいで余計に。。。レンズの曇り止めを是非ご使用下さい)。

室内と屋外の温度差が大きい冬は
暖かい室内の空気が急激に冷やされ、結露ができやすいのです。
補聴器も温度差によって、チューブ内等に水滴が溜まってしまうことがあります。
補聴器は精密機械であるため水分に弱いものです。
結露は補聴器内部の精密機器に影響を与えるだけでなく
耳かけ型補聴器では、
耳せん部分と本体をつなぐチューブを詰まらせて音が聞こえづらくなったり
腐食を引き起こしたりする可能性があります。寝る前に、詰まった水分は通常のシリカゲルでは
取れにくいため、機械式の乾燥機のご使用がおすすめです。
こちらは温風によるしっかりとした乾燥と
UVライトによる除菌までしっかりおこなってくれます!

パーフェクトドライラックス¥9,900(込)


店舗まで頻繁に通える方は
ぜひお店での真空乾燥器によるメンテナンスをおすすめします。
お買い上げ頂いている方は
パーツ交換等も可能な限り無料でお取り返しておりますので、
プロのメンテにもぜひお持ち下さい。
ご来店をお待ちしております!


衣笠店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-01-26



[逗子店] 2021-01-26

補聴器が原因の病気

こんにちはー!

本日は補聴器をつけながら、耳を大切にするための大切なお知らせです。





補聴器をつけていると、耳の穴の中に失神や外耳道炎を起こすことがあります。

補聴器を何度も出し入れしたり、つい気になって触ることで耳の皮膚に微細な傷が付き、

皮膚の防御機能が弱まることがあります。


そこに細菌の感染が起きると、耳が痒くなる、耳が臭う、耳だれが出る、

更にひどくなると耳が痛くなるなどの現象が生じます。


予防の方法としては、補聴器を付け外しするとき以外は、

むやみに耳を触ったり、かいたりしない、

補聴器の表面を乾いた布で拭く、

耳栓を掃除したり取り換えたりして、耳と補聴器を常に清潔に保つことが必要です。


もし耳がかゆい、耳垂れが出るといった場合には、

早めに耳鼻咽喉科にかかり治療を受ける必要があります。

医師の診断によっては治療の間、補聴器の使用を控えなくてはならないこともあります。




また、耳穴型補聴器やイヤモールドが耳の形に合っていないと、

耳が痛くなってくる場合もあります。

そのまま使い続けるとやはり耳の皮膚が傷つき、

ただれてしまうこともあります。

その場合は補聴器のシェルやイヤモールドを削ったり厚みを持たせたりして、

形を整える必要があります。


補聴器は靴のように使っていると馴染んでくるというものでもないので、

調整で良くならない場合はもう一度耳型を取って作り直す必要もあるのです。



また耳掃除のしすぎも厳禁です。

耳の皮膚は強くこするだけで裂けてしまうとてもデリケートなものです。常に優しく扱うことが大事です。

また耳あかには耳を保護する作用もあります。

耳あかは皮膚の角質層がはがれ、耳垢線から出る分泌物などが固まり耳あかとなります。

耳の皮膚はゆっくりと外に移動して余分な耳あかは放っておいても自然に取れていくものです。

このことから米国の耳鼻咽喉科学会は耳掃除は原則行わず、

耳かきも綿棒も使わず乾いた布で耳の入り口付近を拭くだけで十分とする勧告を出しました。


実際に耳掃除のしすぎで外耳道炎を起こして、

治療に苦慮することも多くあるそうです。

耳掃除はせいぜい月に一度程度に留めておくべきだと思います。



補聴器を使っていると多少なりとも耳に負担がかかります。

気になることや気になる症状があれば、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。


逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-01-26



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE