トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2021-11-29

冬にもおすすめ調光レンズ!!

こんばんは!
最近本当に寒くなってきましたね・・・
皆様冬場でも紫外線対策はばっちりでしょうか?

紫外線は夏に強く、冬には弱まりますが、これは、紫外線が大気層(オゾンなど)を通過する距離と関係があります。例えば日本の場合、太陽が最も近づく夏至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が短いため、強い紫外線のまま頭上に降り注ぎます。反対に、太陽が最も遠ざかる冬至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が長くなるため紫外線も弱まります。UVBは夏に比べ冬はおよそ5分の1にまで減るのに対し、UVAは夏に比べ冬は2分の1程度と変動量が少ないため、冬でも十分な紫外線ケアが必要です。


そんな時にオススメなのが「調光レンズ」
以前に追浜店のYouTubeでもご紹介したレンズですね~
紫外線に反応して色が変わるレンズです。

調光レンズのメリットはやはり「掛けはずしがなく1本でサングラスとメガネとして使える」このポイントが一番大きいです。
2つ目のメリットは「天気に応じた紫外線量で色が変わってくれる」ことです。
普通のカラーレンズだと濃度は一定になってしまいます、ただ調光レンズだと晴れの日、曇りの日、雨の日の紫外線量で色がついてくれるので曇りの日に色が濃くて掛けられないということがなくなります。
デメリットをあげるとすると、「着色への時間はそんなにかからないのですが、退色に時間がかかってしまうということです」屋外から室内に入った時にすぐに透明になってくれないことです。
ここで普段常富が使っている調光レンズを見てみましょう。
これが通常紫外線に当たっていないレンズの状態です

こちらが一番色が濃い状態

段々色が抜けてきて瞳が見えるようになってきましたね

この状態でほとんど色が抜けた感じですね。

常富が使っているのは「可視光線」に反応するタイプです、紫外線に反応するタイプより濃く色が付きます。使っている感じだと色が付くときは自然に色がついて行ってるように感じます、退色についても個人的にはデメリットには感じないほどの退色スピードだと思います。

冬場でも紫外線対策はばっちりしていきましょう!!


追浜店 [ おすすめ! / サングラス ] 2021-11-29



[追浜店] 2021-11-24

冬の紫外線対策

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。

徐々に朝晩寒くなってきましたが、皆様お元気にお過ごしですか?
この時期になると、夏に比べて紫外線量が減少します。
でも、夏の半分から3分の1の量の紫外線は降り注いでいます。
というわけで紫外線対策は夏だけのものではありません。

とはいえ、夏にかけるようなカラーの濃いサングラスは使いづらいという方もいらっしゃるのでは?
そんな方におすすめのサングラスをご紹介します!


カラーの濃さも控えめ、それでもしっかり目元をカバーしてくれるサングラス
「チョコサン」シリーズ
このサングラスのもう一つの特徴は鼻に当たらないこと。
しっかり調整すれば、鼻の跡やお化粧落ちを気にしなくていいんです。
超軽量でおすすめですよ。


普段外出時にメガネをかけていない、サングラスには抵抗があるという方は
度なしのメガネ、いわゆる「伊達メガネ」をかけるだけでも紫外線カットの効果あり。
お好きなフレームにUVカットレンズを入れて、ファッションアイテムとして
楽しんでください!

ぜひスタッフにご相談ください。
ご来店お待ちしております。


追浜店 [ サングラス ] 2021-11-24



[逗子店] 2021-08-09

雨の日サングラスのススメ

こんにちは!
今日の逗子は先ほどから大雨が降ったり、晴れたりと変わりやすい空模様。
急な雨で服が濡れてしまった…湿気で髪の癖が…などなど
雨がもたらす影響は計り知れない!

それでもって、雨がゆえに感じる「目からくるストレス」っていうのも実はあるんです。
それは何かというと「眩しさ」です。雨降ってるのに濡れた路面が反射して眩しいという経験は誰でもあるかと思います。

そこでオススメなのが、「サングラス」
雨とサングラスは、水と油のように相まみえない印象をお持ちの方も多いと思いますが、実はそれも思い込みだったり…。

では、ここからは雨の日サングラスがオススメの理由をご紹介。
雨が降った後の路面って水はけが悪いところですと水たまりができたりするかと思います。
そうでない場所でもアスファルトのちょっとした窪みなどに水が残っていたりも…。

そこに太陽の日差しだったり、車のヘッドライトだったりが照らすことで光が乱反射して意外とまぶしさの原因になったりしているのです。


大げさに言うと路面が水面になった感じです。(かなり大げさですが…。)
海見るとまぶしいですよね。だからサングラスを掛ける。それと同じ考え。

それでもっておすすめなのが、ただのサングラスではなく、「偏光サングラス」です!
これ、「偏光=へんこう」って読みます。


普通のサングラスと違うところは、「通常のレンズではカットできない光(反射光)をカットしてくれる」という点です。



KODAK PolarMax Pro http://sajapan.jp/products/polarmax_pro.html


画像を見ていただくとわかると思いますが、こちらは通常のレンズ(上)と偏光レンズ(下)の見え方を比較したものです。レンズの間に反射光をカットする特殊なフィルター(偏光膜)を挟み込むことで眩しさを軽減してくれます。
ギラギラする光もカットされ、目がとっても楽に!



反射する光をカットしてくれるので、ドライブにもアクティビティーにもおすすめです!

また、偏光レンズには「コントラストを上げる」という効果もあります。写真を見ていただくと偏光レンズを通して見たほうが横断歩道や黄色い中央線がはっきり見えますよね。


はい!ということで、偏光レンズ(偏光サングラス)には「眩しさよけ」と「コントラストアップ効果」があることがおわかりいただけたかと思います。

雨天時に眩しさを感じている方、そして雨天時でなくても常に眩しさを感じている方にオススメの偏光レンズ(偏光サングラス)、いかがでしたか?
店頭にサンプルがございますので、実物で体感することもできます!
逗子へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!お待ちしております!



逗子店 [ LENS / おすすめ! / サングラス ] 2021-08-09



[追浜店] 2021-07-31

1本2役調光レンズ!

明日からはもう8月ですね・・・
夏の日差しに負けないようにサングラスの準備はお済でしょうか?
本日はそんなサングラスレンズの中から「調光レンズ」のご案内です。


調光レンズとは簡単に言うと、「紫外線で色が変わるレンズ」のことを言います。
外では紫外線を浴びてレンズに色がつく、室内ではほぼ透明なレンズとして使っていただけます。

めがねをかけている方からすると度なしのサングラスでは見えないから度付きのサングラスを作ってかけ替える、このかけ替えが結構面倒なんですよね・・・
常富も近視なのでめがね無しの生活はまず考えられません。なのでかけ替えのめんどくささは重々わかります。


調光レンズのメリットとしてまずはそのかけ替えの煩わしさが無くなります。
タイトルにも上げた通りまさに「1本2役」屋外ではサングラス、屋内ではめがねとして使っていただけます。
2つ目のメリットとしてどんな天気に応じても色が変化してくれます。
普通のカラーレンズですと例えば25%のブラウンの色でレンズをオーダーすると25%のレンズが出来上がりますよね、曇りの日や雨の日だと少し薄暗く感じてしまうかもしれません。
晴れの日は晴れの日の紫外線量があるように曇りの日・雨の日もそれぞれ紫外線量が違います、紫外線量に応じて色が変化できる調光レンズだからこそどんな天気でも対応して色が変わってくれます。
メリットがあればデメリットもあります。
調光レンズのデメリットとしては、着色までは速いスピードで変わってくれますが退色には時間がかかってしまいます。ですので屋外から屋内に入ったときにすぐに透明に戻ってくれないことがデメリットです。常富もプライベートで調光レンズを使っていますが個人的感想では退色スピードについてはそんなに気にはならないです。(あくまで個人の感想です)

調光レンズの中には可視光線で色が変わるタイプもございますので(常富が使っているのはこっち)気になった方はスタッフまでぜひお問い合わせください!!


追浜店 [ おすすめ! / サングラス ] 2021-07-31



[追浜店] 2021-07-27

Regaro ✖ TALEXモアイ

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。

今日は多少暑さ弱めですが、連日の暑さきついですね。
当然日差しも強くなるので、お客様にサングラスをお勧めする
機会も多くなり、またご相談も増えてきます。

ただ、いかにもサングラスといったレンズカラーには抵抗があって
サングラスを使ったことがないという方も意外と多いのでは?

眩しさはさておき、紫外線から目を保護するなら
無色でもしっかり紫外線カットされていれば効果あり。
いわゆる「伊達メガネ」でもOKです。


ただ眩しいのもやっぱり気になる、
という方におすすめの組み合わせがこちら!

めがねの荒木オリジナルフレームの第2弾商品「Regaro」と
人気の偏光レンズTALEXの中でも濃度控えめのモアイカラーの組み合わせです。



顔になじみやすいフレームデザインと、控えめなモアイカラー。
室内でも使用できる濃さなので、普段使いにピッタリです。
カラーレンズに抵抗のある方でも、色が入っていることがあまり気にならずに
お使いいただけるのではないでしょうか?


お好みのフレームとレンズを組み合わせてオリジナルのサングラスを作りませんか?
ぜひともこの夏、サングラスデビュー。
お気軽にスタッフまでご相談ください。


追浜店 [ おすすめ! / サングラス / 新商品! ] 2021-07-27



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE