トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[逗子店] 2020-01-25

補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと

こんにちはー。

寒い日が続きます。来週は関東も雪が舞うかもしれません。

皆様、体調管理には十分気を付けましょう。

さてさて、本日のタイトルは

「補聴器は焦らずじっくり、ゆっくりと」

何のことか

これは、補聴器の「慣らし期間」のお話しです。


実は私、「慣らしてください!慣らしてください!!」て連呼するのはあまり好きじゃないんです。

プロだったら、なるべく早く快適な聞こえ方を提供して然るべきだろ!

もともとはこういう考え方で、メガネにおいても同じ考え方だったんです。






でもでも、で、も、ね....

補聴器というものに携わるようになって気付いたんです。


これは慣らしていかなければダメだ、と。


何故か?

快適な聴こえのためには、補聴器からの“聴こえに合わせた適切な音量”が必要になります。

しかし補聴器が必要な方というのは、徐々に聞こえが低下して、

世の中の音が、小さく聞こえている感覚が普通になっている方とも言えます。

その方が、いきなり“適切な音量“を聞くと、慣れていないため急に騒がしくなったと感じてしまうのです。

今まで全く意識していなかった車の行き交う音、食器の当たる音、紙をめくる音、トイレの水を流す音など・・・

普段の生活音が、急に大きくなると非常にストレスです。

また、それを避けるために音量を抑えて設定すると、うるささは軽減できるのですが、

言葉の聴き取りが悪くなってしまいます。


多くの方が、補聴器を着けたその瞬間から、昔聞こえていた状態に戻るものと考えていたり、

期待されたりしているのが現状ですが、現実は、そう上手くはいかないのです。



ではどうすれば良いのか....

"慣れ”ていくしかありません。

それも「焦らずじっくり、ゆっくりと」慣れていく必要があるのです。


そしてそれは、ご購入されたお客様任せにせずに、

提供した我々が、お客様と一緒にしっかりと計画を立てて、

理想的な聞こえのためのゴールを設定して、ともに一歩一歩ゆっくりと

サポートしながらやっていかなければいけないと考えております。

その期間は早い方で1か月ほど、長い方だと半年以上かかる方まで様々です。

それをトレーニング形式で行っているのが、

「90日間の補聴器トレーニング」となります。




詳しくはこちら→ https://www.hochoki-araki.jp/aftercare/90days.html

  
  
  
  
  
当店では補聴器の無料貸し出しというのを行っております。

ご希望されたお客様には1週間ほど試聴機のお試しをして頂きますが、

ここで重要なのが、何の「お試し」なのか?ということです。

もちろん快適に聞こえるに越したことはありませんが、

上述したとおり、「慣れ」に掛かる期間が最低でも1か月ほど掛かるものなので、

貸出期間中に快適な聞こえを提供できるかは定かではありません。

貸出期間中に何を試すのか....




それは「補聴器が普段の生活の中に馴染めるか」ということです。

着け外しはもちろん、

いままで無かった機械とともに過ごす生活が、今までと同じように送れるものなのか、

という部分について試して頂きたいのです。

もちろん、不安はあると思います。

ですが、その不安を取り除くことが、我々の真の役割だと思っております。


ご不明な点は、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。



大浦



逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-25



[追浜店、衣笠店、逗子店] 2020-01-21

1/22(水) ☆臨時休業のお知らせ☆

いつもこちらのブログ並びに、めがねの荒木のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

1/22(水)は、
めがねの荒木 追浜店  衣笠店  逗子店
の3店舗において、社員研修の為、臨時休業とさせていただきます。

お客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

1/23(木)~ は通常営業となります。



追浜店、衣笠店、逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-21



[Alenz] 2020-01-21

補聴器の寿命

こんにちは!
アレンズさいとうです(^^♪
気温が乱高下して体調を整えるのも大変です。
お元気ですか。
さて今回は「補聴器の寿命」について考えたいと思います。
よくお客様から「補聴器はどのくらいの期間使えるの?」と聞かれます。
補聴器の説明書を見ると「使用期限5年」と書いてあります。
しかしこれは詳しく調べてみると「修理をしながら最初の性能を維持できる期間」とのことです。
その後、補聴器の心臓部であるコンピュータの劣化でどうしても指示した通りの音が出にくくなってくるそうです。
また、補聴器の最終修理期限はどのくらいかと申しますと「最終販売日から6年」と書かれております。
メーカーが「この補聴器の機種は今月で販売終了しますよ」と言ってから6年です。結構短く感じます。

では、なるべく修理をしないで長く補聴器を使うにはどうしたらよいか。
それは「お手入れ」です。当たり前といえば当たり前の話ですが補聴器の寿命は大きく違ってきます。
①水
②汚れ
③衝撃
④高温、結露
以上が補聴器の弱いところです。
①の「水」とは汗や雨、中にはシャワーを浴びてしまう方もいます。夏の暑い時期や、運動をするときなどは、きちんと汗を拭いて補聴器の中に汗が入らないように注意しましょう。
突然雨が降ってきたときは、一時的に補聴器をとりはずしたり、補聴器をつけた耳を濡れないようにしたりなどの対処を行いましょう。
お風呂に入るときうっかり外し忘れてしまったり、誤って水の中に落としてしまったりすることがないように注意が必要です。
②の「汚れ」とは耳垢や香水、整髪剤などです。マイクやレシーバー(音の出るところ)が詰まったり、場合によっては中まで侵入して故障の原因になります。
③の「衝撃」は落としたりすることです。精密機器なのでやはり衝撃に対処はしていてもしないに越したことはありません。また耳穴式は踏んだりするとシェル(側)が破損したりします。
④の「高温、結露」とは意外かもしれませんが夏の汗よりも冬の結露によって音が出なくなることが多い故障です。防ぐためには「乾燥ケースには必ず毎晩しまうこと。」これだけでかなり故障が少なくなります。あと冬場のストーブなどの暖房器具の前に補聴器を置かないこと。思わぬ高温になり中の電子機器の故障の原因となります。

乾燥ケースにしまうのは一番故障を少なくします。意外と「まあ、今日ぐらいいいか。」としまい忘れがだんだん多くなり、気付いた時には「あれ?音が小さい?」なんてことになってしまう方が多いものなんです。
乾燥ケースは乾燥するまでに3時間から6時間ぐらいかかるので「乾燥機」も別売りであります。こちらは30分で完了です。

他にもお掃除アイテムはいろいろあります。
補聴器を長持ちさせるためにぜひご自宅でもお手入れしてみてください。



あとはお店で3か月に1度はプロの方に点検、クリーニングしてもらうとも大切です。
実際に当店のお客様の中には「8年使用した」方も多くおります。

当店では補聴器のお掃除を無料で行っています。
是非ご利用ください。お待ちしております。

    アレンズさいとうでした(*^_^*)


Alenz [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-21



[追浜店] 2020-01-21

補聴器の補助って?

みなさん、こんにちは。
横須賀は寒い日が続いています。

今日は、お客様からよくご質問を頂く、「補聴器の購入について、公的な補助はないのか?」
という件について、少しお話をしたいと思います。





結論だけいえば、「あります」という回答になります。

それは、「障害者総合支援法」という法律に基づき、
難聴のレベルに応じて、障害者認定を受けた方が対象となり、
数万円の補助を受けることができます。
詳細な金額はこちらのページをご参照ください。

補聴器購入の公的補助について https://www.hochoki-araki.jp/flow/shien.html


それには、医療機関での診断や、自治体の福祉関連窓口での申請作業が必要となります。

そして、障害者認定を受ける為には、当然ではありますが、それなりに聴力が落ちている方でないといけません。

一般的な加齢性の難聴ですと、その対象となることは少なく、
ひいては、残念ながら、実際に補聴器を必要な方にまんべんなくいきわたる補助制度というものではないということです。




しかしながら補聴器の購入は、2018年度から、従来は難しかった「医療費控除」の対象になりました。

ですので、障害者認定のレベルにはない方でも、医療機関で補聴器が必要であると認められれば、
購入費用を医療費控除の対象にでき、年度末の確定申告などで税金の還付を受けることができます。

補聴器を医療費控除の対象にする条件として、
「耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医に診察を受け、所定の書類を書いてもらってから、補聴器を購入する」ことが必要です。
補聴器の購入にあたっては、次のような流れになります。
・補聴器相談医で診察を受ける。
『補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)』(以下、「診療情報提供書」)に記入をお願いする。
・補聴器販売店に「診療情報提供書」を見せて、補聴器を購入する。
「診療情報提供書の写し」と「補聴器の領収書」を受け取る。
・購入した年の「医療費控除」として申告する。

「補聴器相談医」のリストと、「診療情報提供書」のフォーマットは、耳鼻咽喉科学会のWebサイトからダウンロードできます。
なお、「診療情報提供書」を書いてもらうときは、『補聴器を必要とする主な場面』という項目の”□医師等による診療や治療を受けるために直接必要”に、必ずチェックを入れてもらいましょう。医療費控除にするために必要です。





こちらの制度を利用したい方は、まずは耳鼻科医さんの診察を受けるところからスタートします。
補聴器の購入費用は、決して安くはない買い物です。
少しでも負担を軽減できるようになるといいですね。

ご不明な点は、お店にお問い合わせくだされば、お話させていただけますので、お気軽にお声がけください。


追浜店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-21



[逗子店] 2020-01-13

両耳装用の新時代「クロス補聴器」

こんにちは!

今日は成人の日ということで、各所で成人式が行われていますね。
逗子市役所前にも神社にお参りに来られた振袖姿の新成人の方が多くみられました。

一生に一度の晴れ姿はとてもきれいですね。
私も数年前のことを思い出してしまいました。

前置きはさておき、今回は「クロス補聴器」についてはお話いたします。




補聴器の本来の目的は、いまある聞こえをより良いものにすることですが、それには両耳装用が重要と聞いたこともあるかと思います。





両方つけることにより、方向感が得られる、騒音下での聞き取りが良くなる、疲れにくいなどいろいろなメリットがあると言われています。

また、両耳装用をすることで左右どちらの方向から話しかけられても聞き取りやすいという点もあります。




しかし、中には補聴器をつけても効果が得られない場合もあります。
例えば、小さいときに中耳炎で鼓膜に異常をきたしてしまったなど。



そういった場合は補聴器の効果がある片耳のみでご使用される方もいらっしゃいますが、果たして聞こえない耳はそのままつけないままでいいのでしょうか。

それはその人にもよりますが、聞こえない耳に補聴器をつけることで聞こえの改善がみられる場合もあります。

それはどんな補聴器なのかというと「クロス補聴器」と呼ばれるものです。



機能としては、聞こえない耳に装用したクロス補聴器が聞こえる耳の補聴器に拾った音を転送して聞こえるようにするというものです。


聞こえる耳に普通の補聴器を装用し、もう片方の聞こえない耳にクロス補聴器を装用することで、左右両側の音を聞くことが出来る仕組みとなっています。

いままでお耳の病気の関係で、片方しかつけておらず、複数人での食事会やご家族との会話など、聞こえに物足りなさを感じている方にぜひ試していただきたい補聴器でもあります。


どんなものかわからない、果たして効果があるのかどうか心配など、不安はあるかと思いますが、実際に店頭で聞こえの体験もできます。
一度試してみようかなと少しでも思っていただけましたら、お気軽にお申し付けください。
ご来店お待ちしております。


逗子店 [きこえの相談室~補聴器~] 2020-01-13



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

MONTHLY ARCHIVE