トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2022-01-23

追浜店新メンバー紹介

初めまして。この度、1月より入社致しました、榎本明光(エノモトメイコウ)です。
お寺の方?とかよく言われますが、ごく普通の一般家庭で育ちました。。。
趣味は映画観賞とゲームです。
前職から23年眼鏡業界に在籍しておりましたので、新規一転、
めがねの荒木追浜店でお客様から笑顔を頂けるように頑張ります!
眼鏡はもちろん補聴器のことなど、お気軽にご相談ください。



追浜店 [ ] 2022-01-23



[衣笠店] 2022-01-22

冬も補聴器を乾燥させるべき?

こんにちは!

相変わらず寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

寒さもそうですが、この季節は乾燥も気になりますよね。
エアコンをつけていると特に、肌や喉の乾燥が気になります。

乾燥と言えば・・・

補聴器にとっては湿気は大敵なので、ご自宅でもお店でも、補聴器の湿気をとるメンテナンスが必要です。
でも、冬、空気が乾燥していると、「補聴器も乾燥させなくていいかな~」と思いがちですよね。

ですが…
冬は、外と室内の気温差や、朝夕の寒暖差などで、
補聴器の内部に結露が発生して不調を起こしやすいのです。

なので、冬でもしっかり補聴器の湿気対策をすることが大切です。

ご自宅での補聴器の湿気対策として、
補聴器を外した際に、シリカゲル入りのケースに入れている方が多いと思います。


もちろん、何もしないよりは、シリカゲルで乾燥させた方がいいに決まっているのですが、
最近は、もっと強力に温風で補聴器を乾燥させられる「乾燥機」も発売されています。

洋服で例えると…
シリカゲル入りケースは、洋服ダンスに湿気取りを入れているような感じで、
乾燥はするのですが、ビショビショに濡れた服をそこに入れてもすぐには乾きません。
…が、温風を当てれば、濡れた洋服もすぐ乾くのと一緒で、
補聴器も、温風が出る「乾燥機」を使った方が、より早く強力に乾燥させることができるのです。

(ただ、乾燥機で耳垢や汚れは取れないので、1~2か月に一度のお店でのメンテナンスは必要です。)

さてさて、そんな便利な乾燥機。
今なら、シグニア補聴器の対象商品(Active,X,Nxシリーズ)をご購入頂くと、
もれなく乾燥機を1台プレゼントさせて頂くキャンペーンを開催中です。

期間は2月28日までなので、ご興味を持っていただいた方は、ぜひお気軽にスタッフまでお問い合わせくださいませ♪



衣笠店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2022-01-22



[追浜店] 2022-01-22

1/30まで!LineArtフェアおすすめフレーム

こんにちは追浜店スタッフの丸山です。
昼間でも寒さが厳しくなってきましたね。体調など崩さないように暖かくして過ごしましょうね。
さて今日は、好評開催中のLineArtフェアからおすすめのフレームピックアップしました。驚きの軽さに美しいデザインを兼ね備えた『LineArt』その中でもスタッフ丸山が独断と偏見で選んだものになりますので、ぜひ最後までご覧ください。



LineArtのiシリーズから iDiary-Vivace XL1674-1BL-54
毎日を輝かしく生きる素敵な女性が掛けるアイウェアをイメージ。自分のモノに対する審美眼を持ち、日常生活やハレのシーンでも掛けられる、自分の個性を表現するコレクションの一本。セルフレームのように見えますが、実はツーポイントフレームなんです。レンズ周りには薄くセル巻を施し、前から見た時にフレーム印象的に映るようになっています。
ブルー×シルバーのカラーで構成されているのも清潔感があってgoodだと思います。




LineArt Vivace XL1661-RE-51
フロントは小ぶりではあるもののカラーを赤くすることにより、存在はしっかりあります。こちらのフレームの特徴は何といってもテンプルの装飾です。花毛様の金細工を思わせるそのデザインは、横顔を華やかにし、赤色のフロントと相まって、お顔を明るく見せることができるのもポイントです。お顔が小さい方には特におすすめしたい一本です。


最後にご紹介するのは、LineArt i-EXECUTIVE Brio XL1837-DG-53
上昇志向の強いヤングエグゼクティブ層が掛けるアイウェアを目指して、活躍する男性が、自分にふさわしいと感じる、圧倒的な機能美・所有欲を満たすデザインで作られたシリーズの一つです
シンプルなデザインなので、飽きがこず長く掛けられます。

いかがでしたか?上でご紹介した以外でも、たくさんのフレームを誤用いたしております。
LineArtフェアは1/30まで、となっておりますのでこの機会にぜひ一度店頭でご覧ください。


追浜店 [ おすすめ! ] 2022-01-22



[追浜店] 2022-01-20

メガネレンズにひび割れ!?!?

こんにちは、本日は眼鏡と熱に関するお話

こちらのメガネをご覧いただいて何か気づくことはございますか?
向かって左側のレンズにもやがかかって見えますでしょうか?
なんとこちら熱によってレンズに引き起こされてしまう現象なんです!


こちらの現象を「熱クラック」といいます。
眼鏡屋さんで使われている単語ですので聞いたことがない方がほとんどだと思います。
熱クラックが起きてしまうともやがかかって見え方に影響が出てしまいます。



向かって右のレンズを拡大した画像です。
こちら側は熱クラックの起きていない状態のレンズ

向かって左側のレンズを拡大した画像です。
こちら側は熱クラックが起きてしまった状態のレンズ

左右で見え方が全然違うと思います。

では、熱クラックはなぜ起きてしまうのか?仕組みを簡単にご説明します。

プラスチックレンズは基材の上に何層ものコートの膜が施されて出来ています、
こちらのレンズ基材は有機質で、高温になると膨張してしまうのに対して、
反射防止コートは無機質なため、基材ほど膨張しません。
その結果、熱によって基材が膨張してしまいますとコートがその膨張についていけずにひび割れを起こしてしまいます。

この熱クラック実は意外と身近なところで起きてしまうんです。
例えば、車内にめがねを置きっぱなしにしてしまうことやめがねをかけたままドライヤーをしてしまうこと、お風呂や温泉もかけたままだときけんですねぇ
かけたままサウナなんて一発でアウトです・・・

目に見えるぐらいに熱クラックが起きてしまうともうレンズを交換するしか直す方法はありません・・・
大切なメガネを長くご愛用頂くためにもぜひ気を付けていただければと思います。


追浜店 [ LENS / コラム / メンテナンス ] 2022-01-20



[追浜店] 2022-01-19

コーチに注目

おはようございます。
そして遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お陰様で2022年一月からたくさんのお客様にご利用いただきまして
感謝しております。

スタッフ一同今年もお客様と楽しい日々を過ごしたいと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

さて本題に入ります。



コーチ HC-5125D-9346-53
縦長のレンズシェイプにて細目なリムが自然なやわらかさを出してくれます。
ブラックは全面だけで後ろはゴールド。中から暗くならないようにしてくれます。
さりげなくオシャレなフレーム



コーチ HC-5133D-5568-49
5125よりも掛けている感じを強調いたしますが、クリアパープルにて
前面が綺麗です。しつこくならないように丸型のレンズシェイプは
ナチュラルで素敵です。
このように以前のコーチとイメージがだいぶ違う感じになっております。
是非コーチの好きな方は当店でお試しいただけたらと思います。


追浜店 [ おすすめ! ] 2022-01-19



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE