トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2021-04-14

補聴器の聞こえのチェック方法!

こんにちは!

アレンズさいとうです(^^♪
最近、朝晩が少し寒いですね。
お元気ですか。
さて、補聴器って聞こえているかどうかどうやって確かめているのでしょう。
お客様が「よく聞こえます。」と言ってもどのくらい聞こえているか主観なのでよくわかりません。
ではどうやって補聴器技能者は、確かめているのか。
実はメガネと一緒で確認する方法があります。
眼鏡は視力1.0と表記します。補聴器は100%/60dbsplと表記します。意味は「60dbspl(普通の会話音量)で100%聞こえます。」という意味です。補聴器はスピーチオージオグラムと言う表に記入します。



上の表の見方は赤丸が右耳、青バツが左耳です。横軸が音の大きさ、縦軸が正答率です。
この方の右耳は90dbで85%の最高明瞭度が得られている表です。(それ以上大きいと聞き取りが低下しているため)
左耳は90dbで80%の最高明瞭度が得られています。この数値を目標に補聴器を装用したとき60dbの音量で最高明瞭度が得られるように補聴器を調整していきます。
つまりこの表では黒三角が補聴器を装用したときの聞き取りなので60%/60dbsplとなり補聴器不適合となります。
補聴器の調整が必要になります。この方の補聴器を調整し再度測り直しました。下記がその表です。

黒三角が補聴器を装用したときの聞き取りなので90%/60dbsplとなり、補聴器が適合しました。
このように補聴器技能者は他覚的に補聴器が適合しているかどうか見極めていきます。

聞き取りでお困りの方がおられましたら、アレンズ補聴器技能者にご相談ください。

アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-14



[Alenz] 2021-04-12

3月のお客様

おはようございます。
もう4月だというのにまだ朝と夜はひんやりしますね...
早く暖かくなってほしいものです。

それでは3月の素敵なお客様です。




3月もありがとうございます。
今月もどうぞよろしくお願い致します。


Alenz [ お客様SNAP!! ] 2021-04-12



[追浜店] 2021-04-11

盲導犬募金箱が新しくなりました!

こんにちは!南條です!
寒暖差が激しい日々が続いておりますが、皆さんお変わりございませんか?

さて、皆様は、めがねの荒木に盲導犬の募金箱が設置しているのをご存知でしょうか?


盲導犬とは、文字通り目の見えない人、見えにくい人が安全に行きたいところに行けるように導くための、歩くお手伝いをしてくれる犬のことです。

盲導犬の体についている「ハーネス」という胴輪が、使用者に盲導犬の動きを伝え、安全に歩けるようになっています。すごいですね!!


盲導犬は「身体障碍者補助犬法」に基づいて認定された犬で、公共施設をはじめ、飲食店やホテルなど様々な場所に同伴ができるのです!


しかし受け入れてくれるところと受け入れてもらえないところがあるので、盲導犬に対する理解がまだまだ深くないのも現状なんだそう…。
私たちめがね屋は少しでも眼のお悩みを解決するためのお店。
同じ見え方のお悩みを抱える人のためならばと、盲導犬育成のための募金箱も設置しております!

追浜店では店内奥の赤いソファ付近に設置してあります!


その募金箱を、今月なんと……ようやく新しい箱に交換いたしました!!

今までの募金箱は箱は大きめ。
上に乗っているワンちゃんも、結構真っ黒になりましたね…!!

どれだけ頑張ってきたか目に見えて分かります…(´;ω;`)

新しい募金箱はというと…


今までの箱よりも小さくコンパクトに!
ワンちゃんも色も明るくなって、心なしかキリっとした印象に見えますね!!
これからよろしく頼むぞっ!(*^^*)

皆様から頂いた温かいご厚志は、当店が責任をもって日本盲導犬協会に送らせていただきます。
皆様のご協力をお待ちしております!!


追浜店 [ INFO ] 2021-04-11



[衣笠店] 2021-04-11

Masaki Matushima 2021 OPTICAL FRAMES COLLECTION入荷!

こんにちは、めがねの荒木衣笠店丸山です。
桜が散ってからというもの風が冷たい毎日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?
今日は、Masaki Matushimaの2021年新モデルが入荷しました。これからご紹介する2本はスタンダードモデルをベースにしたプレミアムモデルとなっております。ベースのフレーム追加要素を追加したフレームをぜひご覧ください。



Masaki Matushima MFP-554-58-15
ベースモデルはMF-1210。フロントサイドの3本ラインのデザインと立体的なスカルモチーフを違和感無く調和させたフォルムが特徴的。テンプルの空間デザインと合わせ、ダブルループのバネパーツがデザインと機能性を両立させている。カラーはブランドらしいモノトーンのアンティークシルバー。



Masaki Matushima MFP-558-57-16
ベースモデルはMF-1223。フロントはベーシックなハーフリムスタイルだがサイドにはさりげなく立体的なシルバーのウィングモチーフを施している。
テンプルの前後を分断させ、裏側にZ形状のバネ材でつなぐ、独自性の高いデザインがブランドの世界観を表現している。

如何でしたでしょうか?
Masaki Matushimaのフレームはメガネでもサングラスでも、決まる男前フレームです。
今回ご紹介したのは、少しオフ寄りのフレームですが、ぜひお手に取ってみていただければ嬉しいです。


衣笠店 [ おすすめ! / 新商品! ] 2021-04-11



[Alenz] 2021-04-11

補聴器メーカーはどこがいいの?

こんにちは!
アレンズさいとうです(^^♪
何か最近、急に朝晩寒くなりました。
4月の半ばというのに・・・
お元気ですか。さいとうはもうすぐ花粉症の季節が終わりそうなので元気になりつつあります。

さて、今回は「補聴器メーカーはどこがいいの?」という質問を多くいただきましたのでお応えいたします。
それは各メーカーにより得意分野や得意な機能がありますので補聴器技能者と相談して「自分にとって必要な機能がついているもの」が一番良いメーカーになります。

例えば価格帯が広く、沢山の種類を用意してくれているメーカーは選ぶのは大変ですが、必要な物だけに絞って選べば価格も抑えることができます。


充電式補聴器が得意なメーカーもあります。
耳掛け型から耳穴型まで豊富に取り揃えています。

また各オーディオ機器やスマートフォンなどに接続がしやすい補聴器メーカーもあります。
アイフォン、アンドロイドなどメーカーを問いません。
パソコンなどのリモート会議などにも使いやすいですね。

目的に合わせて選べば価格も抑えられるし、自分にとって最高の一品になるのではないでしょうか。

是非、アレンズの補聴器技能者とご相談ください。
「オンリーワン」を見つけ出すお手伝いをさせていただきます。
アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-11



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE