トップ > ニュース&ブログ



ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[追浜店] 2021-08-12

初めての遠近両用

こんにちは、追浜店スタッフ 岡田です。

これまでの暑さが一転、ぐずついた空模様がしばらく続きそうですが
皆様体調を崩されたりはしていませんか?
2年ぶりに開催された夏の甲子園も雨の影響で試合ができず、
ちょっとかわいそうな気がします。
地方予選でもコロナの影響でいろいろありましたから・・・。

さて、今週は夏休みという方も多いのではないでしょうか?
ぜひその機会に初めての「遠近両用レンズ」にチャレンジしてみませんか?


「遠近両用」その言葉の響きに抵抗のある方や、周囲の声でマイナスのイメージを
お持ちの方も多いでしょう。
ですが、遠近両用や中近両用を使いこなし、日々快適に過ごしている方はたくさん
いらっしゃいます。

40代、50代の方は、最近スマホが見づらい、本を読むと疲れる。
離さないと見づらい、普段のメガネを取らないと見えない。
そんな自覚症状が少なからずあるはず。

ならば、我慢をせず便利な道具に頼りましょう!
それが「遠近両用レンズ」です。
お仕事でパソコン作業の多い方は「中近両用レンズ」がよりおすすめです。

お客様の度数や、それまでのメガネ環境、生活スタイルによって使いやすい
レンズタイプ、度数設定は異なります。
めがねの荒木では、お客様とお話をしながらより良い組み合わせを一緒に
お探しします。

各メーカーのお試し用レンズはもちろん、遠近両用で気になりやすい足元を
確認していただくために店内に「階段」もあります。

今までメガネをお使いの方にも、メガネが初めてという方にも
しっかりアドバイスさせていただきます。

ぜひ夏休みの一日、初めての遠近両用レンズを試してみませんか?
皆様のご相談お待ちしております!

めがねの荒木はお休みなしで営業しております。


追浜店 [ LENS / おすすめ! ] 2021-08-12



[逗子店] 2021-08-09

雨の日サングラスのススメ

こんにちは!
今日の逗子は先ほどから大雨が降ったり、晴れたりと変わりやすい空模様。
急な雨で服が濡れてしまった…湿気で髪の癖が…などなど
雨がもたらす影響は計り知れない!

それでもって、雨がゆえに感じる「目からくるストレス」っていうのも実はあるんです。
それは何かというと「眩しさ」です。雨降ってるのに濡れた路面が反射して眩しいという経験は誰でもあるかと思います。

そこでオススメなのが、「サングラス」
雨とサングラスは、水と油のように相まみえない印象をお持ちの方も多いと思いますが、実はそれも思い込みだったり…。

では、ここからは雨の日サングラスがオススメの理由をご紹介。
雨が降った後の路面って水はけが悪いところですと水たまりができたりするかと思います。
そうでない場所でもアスファルトのちょっとした窪みなどに水が残っていたりも…。

そこに太陽の日差しだったり、車のヘッドライトだったりが照らすことで光が乱反射して意外とまぶしさの原因になったりしているのです。


大げさに言うと路面が水面になった感じです。(かなり大げさですが…。)
海見るとまぶしいですよね。だからサングラスを掛ける。それと同じ考え。

それでもっておすすめなのが、ただのサングラスではなく、「偏光サングラス」です!
これ、「偏光=へんこう」って読みます。


普通のサングラスと違うところは、「通常のレンズではカットできない光(反射光)をカットしてくれる」という点です。



KODAK PolarMax Pro http://sajapan.jp/products/polarmax_pro.html


画像を見ていただくとわかると思いますが、こちらは通常のレンズ(上)と偏光レンズ(下)の見え方を比較したものです。レンズの間に反射光をカットする特殊なフィルター(偏光膜)を挟み込むことで眩しさを軽減してくれます。
ギラギラする光もカットされ、目がとっても楽に!



反射する光をカットしてくれるので、ドライブにもアクティビティーにもおすすめです!

また、偏光レンズには「コントラストを上げる」という効果もあります。写真を見ていただくと偏光レンズを通して見たほうが横断歩道や黄色い中央線がはっきり見えますよね。


はい!ということで、偏光レンズ(偏光サングラス)には「眩しさよけ」と「コントラストアップ効果」があることがおわかりいただけたかと思います。

雨天時に眩しさを感じている方、そして雨天時でなくても常に眩しさを感じている方にオススメの偏光レンズ(偏光サングラス)、いかがでしたか?
店頭にサンプルがございますので、実物で体感することもできます!
逗子へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!お待ちしております!



逗子店 [ LENS / おすすめ! / サングラス ] 2021-08-09



[Alenz] 2021-05-14

一本あるととにかく便利!調光レンズ☆★

こんにちは!

九州では梅雨入りだそうですね~。
梅雨が明ければ夏が来ますが、夏といえば太陽!眩しさ!!
本格的な夏が来る前に準備しておきたい、紫外線&眩しさ対策。
でも、サングラスを持って歩くのは荷物がかさばるし、ちょっと面倒・・・。

そこで!!ご紹介したいレンズがあります!!


そう、紫外線であっという間にサングラスに変身してくれるレンズ・・・
その名も【調光レンズ】!
光を調えると書いて「ちょうこう レンズ」とよみます。

室内&紫外線の当たらないところでは、ほぼ色の無い状態です。
(ごく薄いカラーが付いている状態ではありますが、掛けると分からないくらいの薄さ)



この調光レンズを、ネイルランプのような紫外線発射装置にかざすと・・・


ドジャ~ン!!
なんと、サングラスに早変わり!

日差し&紫外線の強い夏にとっても便利です!

なんといっても、メガネのほかにサングラスを持ち歩かなくていい・・・!
ただでさえ、ハンカチorタオルにハンディファンをはじめとしたクールダウングッズ、
水分補給のペットボトルに熱中症対策の塩飴、冷房対策のカーディガンなどなど、
夏は荷物がとっっっても多い!

洗濯物をお外に干すときやごみ捨てなどの、お外と室内をちょっとだけ行き来するときにも
掛け外し無しでいけちゃうところもうれしいポイントです。

夏の隠れたお悩み、調光レンズで解消してみませんか?

この調光レンズ、アレンズのYouTubeでもご紹介しています!



アレンズのYouTubeチャンネル https://youtu.be/VzrSfxUumsg

みんなの人気者・ぼりさんと、どこからともなくやってきた流浪のおさる・アレンくんが
メガネについてのアレコレを分かりやすくお伝えする【アレンズCh.】。
動画だと色の変化する様子なども分かりやすいので、ぜひご覧になってみてください!


Alenz [ INFO / LENS ] 2021-05-14



[逗子店] 2021-04-23

「疲れ眼」について

最近、「テレワークが多いせいで目が疲れてしまう」というお悩みの方増えているように感じます。長時間の近業(近くを見ること)は、ピントを合わせる筋肉を使い続けるので疲れ目などの原因の大きな要因になることも。


中にはパソコン作業を1日8時間以上やる方も多く、VDT症候群と言われる目の疲れや頭痛、肩こり、腰痛、血液循環機能低下による冷え性などを発症する方も多いようです。
(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略)

それを聞くと、眼精疲労対策グッズが人気な理由も分かるような気もしますね。

そうならないためにも1時間ごとに15分程度、席を外して近くを見ない時間を作ったり、目薬を点眼したりすることがとても大切になります。


それでも、いろいろ対策をしているのに目の疲れが取れないという方がいらっしゃいますが、それって実は「隠れ斜視」が原因かもしれません。

皆さんも「斜視(シャシ)」という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

〇斜視(シャシ)とは…
通常、両眼の視線は同じ場所に向かってそろっています。斜視は、眼位(ガンイ)と言われる目の向きが左右でズレており、右眼と左眼の視線が違う場所に向かっている状態を表します。

外見上に視線のズレが見てとれることがほとんどで、「視界がダブって見える」といった症状をきたす場合があります。本人も自覚をしていることが多いです。



この斜視に対して、似たような症状はあれど表に出てこないものを「隠れ斜視(正式名称:斜位)」と言い、大抵の人はこのことに気づいていないことが多いです。

〇隠れ斜視とは…
正式な病名は斜位(シャイ)。眼位の異常はあるけど、ズレの程度が小さく、自身の目の筋肉で視線をカバーしてみることが出来るものを言います。
一見すると左右の視線は同じ場所に向かっているように見えるのですが、必要以上に視線を合わせる筋肉を使うことになるので、疲れやすいといった症状が出る事があります。

疲れやすい、夕方になるとダブって見えるといった症状があれば、疑ってもみてもいいかもしれませんね。

でも、眼位の異常があるのが分かったからと言って改善できるのか不安ですよね。
斜視や斜位といった眼位の異常が見つかった場合には、手術などによる「外科的治療」という方法もありますが、程度が軽いものついては「プリズムレンズ」と言われる視線補正の効果を持つメガネを装用することで、ダブりや目の疲れを軽減させることが出来ます。

実際にテストレンズで症状が軽減するかどうかを体験していただくことも可能です。



最後に補足にはなりますが、ダブって見えるという症状には原因がいくつかあります。その中でも良く聞くのが「乱視」です。

右眼と左眼で視線がズレて“両目で見た時にダブって見えてしまう「斜視・斜位」”に対して、一つの眼の中にピントが2つあることで、“片目でみたときにダブって見えてしまう「乱視」“、どちらも物が二重に見えてしまうといった症状があらわれる事があります。

乱視が原因なのか、それとも隠れ斜視が原因なのか、それともほかに原因があるのかなどは実際に検査をしてみないと分からないこともありますので、お近くの眼科もしくは眼鏡店へご相談ください。

当店でも眼位検査は行っておりますので、肩こりや頭痛、疲れ目がひどいといった方はチェックだけでも構いませんので、ぜひお立ち寄りください。


逗子店 [ LENS / コラム / 加工・測定・フィッティング ] 2021-04-23



[逗子店] 2020-11-29

眩しさ抑え明るい視界をキープ!防眩レンズ

こんにちは!逗子店スタッフの山田です。
ここ最近いきなり寒くなり、やっと冬らしくなってきましたね。
今年も残すところ一ヶ月ですが、風邪には気を付けてお過ごしください!

さて、いきなりですが、皆さんは冬も眩しさ対策はされていますか?
夏はサングラスを掛けられている方が多いですが、冬は忘れがちな方もいらっしゃるかもしれません。

眩しさは、色の濃いサングラスで防ぐものと思われがちですが、
薄い色でも眩しさを防げるレンズがあるんです!

それがKodakの防眩レンズ『ネオコントラスト/シーコントラスト』。


人が見る事のできる光(可視光線といいます)の中でも、特に眩しく感じる黄色い波長をカットすることで、眩しさを抑えます。

サングラスなどのカラーレンズは可視光線全体をカットして眩しさを抑えるため、物が見づらくなる・物の輪郭がぼんやりしてしまうことがあります。

『ネオコントラスト/シーコントラスト』は、視認性とコントラストを維持したまま眩しさをカットできるため、ドライブ・PC作業・アウトドアなど様々なシーンで活躍!


●PC作業などの日常シーン
コントラストが向上するため文字が見やすくなります。
画面の光のぎらつきを抑えることで、眼の疲労やストレスを軽減してくれます。



●ドライブシーン
対向車のヘッドランプの眩しさを軽減し、信号や標識などがハッキリ際立って見えるようになり、快適な視界で運転をサポートします。


実際のレンズはこちらになります。




(上がネオコントラスト、下がシーコントラスト)

ネオコントラストレンズの方が色が濃く、効果も高いです。
シーコントラストレンズはより薄めの色で、見た目に気にならない仕様になります。

スタッフの肌にあててみた様子は下の写真。
ブルーががったカラーなので男性も女性もかけていただけます。

ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお尋ねください!


逗子店 [ LENS ] 2020-11-29



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE