トップ > ニュース&ブログ


ニュース & ブログ (全店)

追浜店のブログ衣笠店のブログ逗子店のブログAlenz イオン久里浜店のブログ


[Alenz] 2021-05-04

難聴者との接し方!

こんにちは!
アレンズのさいとうです(^^♪

いよいよ春に別れを告げて夏にまっしぐらの季節になってまいりました。
新緑を見るとなんか心がウキウキしてまいります。皆様お元気ですか。

さて今回は「難聴者との接し方」についてお話してみたいと思います。
まずは「難聴とはどのようなことなのか」についてお話します。


上記の挿絵を見ていただくと何となく難聴って小さな音が聞きづらくなるだけと思われがちですが、実は音が聞きづらくなるだけではないんです。
若くしてなった難聴は確かに補聴器で音を大きくしてあげるだけで(実際はそんなに簡単ではありませんが・・・)聞きやすくなる場合が多いですが、年齢を重ねてなった難聴はもっと複雑で、難しい事も起きています。
例えば「早口が分かりにくい」「注意力が低くなる」「言葉の明瞭度が落ちる」などいろいろな事が関わり難聴を起こしています。
そこで社会的にも周りで気遣いが必要になってまいります。
例えば話初めに注意喚起をして気を引く(こちらを向いて頂いて聞く体制を作る)必要があります。


また言葉の明瞭度が落ちている方は口元を見せて耳から入ってくる情報と口元の動きで聞こえを助けてあげる必要があります。

年齢とともに早口が分かりにくくなりますのでゆっくり、ハッキリと話してあげる必要があります。もし補聴器を利用しているのであれば、普通の声の大きさで話してあげてください。大きな声は耳が壊れるといけないので補聴器が抑制してしまいますのでかえって聞きづらくなります。

また、相手の方が「理解されていないな」と感じた時は同じ言葉を繰り返すのではなく違った表現をしてあげてみてください。分からなかった言葉は明瞭度が落ちてしまい、すでに認識できなくなっているかもしれないので違った表現方法が必要になってくるのです。

例えば・・・
自分「ポストに行ってくるね」
相手(えっ?ポット?行ってくる?)
自分(あれ?伝わっていないかな?)「ハガキ出してくるね」
相手「行ってらっしゃい」(ポストって言ったのか!)・・・
といった具合に表現方法に工夫が必要な方もいます。

楽しい人生を送る為には耳と脳の良好な関係が必要です。

このような症状があった場合、補聴器が有効になる場合があります。
是非、医師の診察を受けて補聴器の効能があると診断された場合、
迷わず補聴器を付けていただき、生活の質の向上をしてください。
のちの人生が豊かなものになります。

補聴器を付ける必要になったときは認定補聴器技能者が常駐しているアレンズ店にご相談ください。

アレンズさいとうでした(*^^*)


Alenz [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-05-04



[逗子店] 2021-04-26

補聴器の歴史

こんにちはー!

本日の逗子は風が強いです。

都内では緊急事態宣言が再び発令され、身動きの取りにくい日々が続いています。

身体の健康、心の健康に留意して過ごしていきたいものです。



さて、本日は「補聴器の歴史」についてのお話しです。




補聴器には長い歴史があります。

そしてそこには、いつも2つの大きな流れがありました。

一つは「いかに大きな音を出すか」

そしてもう一つは「いかに目立たなくさせるか」というものでした。



最初の補聴器は角笛だったと考えられています。

中空になった動物の角を耳に当てると、

音が大きくなることに偶然気付いて使われたようです。

19世紀になり、素材は金属に変わりはしたものの、

その原理は変わりませんでした。

けれどもこの方法では、十分な音の大きさを得ることは出来ませんでした。





20世紀に入り電気によって音を大きくする技術が発明されたことで、補聴器は大きく変わりました。

従来の音を集める方法の物に比べて、はるかに大きな音を出せるようになったのです。

初期には真空管が使われていたため、相当な大きさの物となってしまいました。

その後、トランジスタや集積回路の発達に伴い、補聴器はどんどん小さくなり、

現在ではアーモンドほどの物もあります。



そして2000年ごろから、「デジタル化」がおこります。

コンピューター処理をすることで性能が画期的に向上しました。

かつてのようにうるさくて雑音ばかりではなくなってきているのです。

そして現在、「通信化」という新しい波がおこり、

補聴器がスマートフォンなどと連携することで、

音楽を聴く、映像や情報を音声として得る、といった

これまででは考えられなかった使い方が出来るようになってきています。

やむを得ずつけるものであった補聴器が、通信化により

「つけることでの楽しさを味わう」といった時代が来ているのです。


今後、10年、20年先の未来には補聴器は全く違ったものになっているのかもしれません。


大浦



逗子店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-26



[衣笠店] 2021-04-23

充電式補聴器の強い味方

こんにちは、このところ暴風雨が続きますね。
「補聴器が雨に濡れちゃった!」
「湿気続きできこえが悪いような気がする・・・」といったご相談も
多くいただいています。

ここ数年は取扱いの簡単さから
充電式補聴器が大変人気ですが、
大抵は「充電している」か「使用している」かで
しっかり集中的なお手入れができない方が多い印象です。

電池式と比べ防水性能も高く、
また簡易な乾燥機能付きの充電器などもあり
最低限は大丈夫だったのですが、
やはりご自宅での手入れもしっかり行なっていただきたいところ。





そこで充電式補聴器におすすすめなのが
補聴器除菌・乾燥機「ドライキャップ UV2」!

充電式の補聴器を充電しながら除菌・乾燥できます。
約10cm四方の大容量乾燥室を上からかぶせるだけ!
背の高いものにもご利用いただけます。


2種類の運転モードから選択可能で、

◆ドライ&クリーンモード(送風乾燥120分間+紫外線除菌4分間)
◆クリーンモード(紫外線除菌2分間)

除菌のみを短時間で終えることもできますので、
外から帰ってきた時に手洗いしながら除菌、ということも
簡単にできます。
ぜひ、ご自宅でのお手入れにご活用ください。


衣笠店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-23



[追浜店] 2021-04-20

補聴器の保証って?

こんにちは、追浜店スタッフ岡田です。

きこえにお困りの方にとって「補聴器」はとても大切なアイテム。
でも、お安いお買物ではありません。
当然、補聴器の購入を検討するに当たりいろいろご不安があると思います。

もしも壊れてしまったらどうしよう。
修理するのにも数万円かかってしまうんじゃないか。
なくしてしまったらどうしよう。

そこで今日は、その不安を和らげてくれる補聴器の保証について簡単にご紹介します。


まずひとつめが「修理に関する保証」
修理保証については各メーカーとも1年~3年の保証期間が設定されています。
保証期間内は正常な使用状態で発生した故障は原則無料で修理してくれます。
保証期間以降は、その経過年数によって一律費用にて修理、
さらにそれ以降は部品代+技術料というところが多いでしょうか。

無料修理期間、一律価格での修理期間は同じメーカーでも商品、またはグレードに
よって変わってきます。

シグニア補聴器の最新シリーズ「エクスペリエンス」の最上位クラス7Xでは、
修理保証期間3年プラス定額修理プラン、そして2年間に1回の「紛失保証」がついています。

もう一つの保証が「紛失保証」
文字通りなくしてしまった時の保証です。
各メーカーとも上位グレードの商品が対象になっていることが多く
その対象期間も異なります。
対象期間2年の間に1回とか、3年の間に1回など。

GNリサウンドの最上位グレード「リサウンド・ワン・マリー9」では
修理対応期間(同じ補聴器を用意できる期間)終了時までなら2回まで
対応してくれるという太っ腹な保証も。

装着時の落下による紛失については、補聴器用チェーンを使うことで
防ぐこともできます。
多少目立ちますが、落としたくないというお客様にはおすすめの商品です。

故障、破損、紛失、盗難などないに越したことはありません。
しかし、起こり得る将来のトラブルに備える保証も必要なのは当然のこと。
「きこえ」には直接関係ありませんが、保証内容を確認したうえで
補聴器を選んでいただくとより安心ではないでしょうか。

保証内容は各メーカーとも機種、グレードごとに異なりますのでスタッフまで
お気軽にお問い合わせください。


追浜店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-20



[衣笠店] 2021-04-17

スターキー補聴器のお試しができます

こんにちは、衣笠店の彦坂です。

本日は新しいスターキーの充電式補聴器のご紹介です。

一般的に補聴器メーカーの知名度は高くありませんよね、
簡単にご紹介させていただきます。

スターキーは米国ミネソタ州に本社を置き、
全世界に20ヵ所以上の製造拠点と800ヵ所以上の流通・販売拠点を有する
世界6大補聴器メーカーのひとつ。
オーダーメイド補聴器の先駆者として、
その斬新な発想と確かな技術力で常に世界の補聴器市場をリードしつづけています。
近年では初の充電式耳穴型補聴器を発売し、
当店でもその手軽さが非常に好評いただいています。
これまで年間130万台以上(2014年時)の補聴器販売実績があり、
すでに世界120ヶ国、1500万人以上の方々に愛用されています。


これまでは充電式の耳穴型補聴器を試聴器として
ご用意していましたが、
このたび装着の負担感がほとんどない
小型耳掛け式補聴器の充電式も
店頭でご試聴いただけるようになりました。
同クラスの機種でも
耳掛け式、耳穴式で装着感、きこえ心地に違いがでてまいりますが、
これで聞き比べていただくことが可能になりました。
おうちでゆっくりお試しいただけます。


機能に優れた製品をたくさん発表しているスターキーですが、
個人的には
他のメーカーよりも扱いが簡単であることを
おすすめしたいです!
充電器の設置も内臓のマグネットで簡単にできるのが
良いですね。
ユーザビリティーに配慮が行き届いています。

ぜひ、お店またはご自宅でお試しください。




衣笠店 [ きこえの相談室~補聴器~ ] 2021-04-17



News&Blog


SHOP


NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE